MUNI BLUE Vol.3

2018年05月20日

MUNI BLUE のある設えはいかがでしょう。

関西にお住まいのI様。
「一目惚れ」と、藍染のモノトーンで織り上げた端正な魅力を持つカーペットをお求めくださいました。

このMUNI BLUEのカーペットと黒皮のソファとの設えは、その場にトラディショナルな雰囲気を感じさせます。
そして、テーブル足元に長年お使いの蓮花文様のカーペットと、遊び心のクッションやチェアラグと共に、調和のとれた穏やかな空間を作り上げていらっしゃいます。

陽の光が差し込むシンプルで美しい空間。
一目惚れのMUNI BLUE と共に過ごす毎日。
これからもI様の元に、多くの素敵な時間が訪れることでしょう。



Isama 2.jpg


Isama 1.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

MUNI BLUE Vol.2

2018年05月19日

MUNI倉敷ギャラリーでは、いよいよ「MUNI BLUE 展」が始まりました。

初日の今日、多くのご来店や、お電話でのお問い合わせをいただきありがとうございます。
通りがかりも方も、この「MUNI BLUE」に引き寄せられるように、お立ち寄りくださいました。

夏には涼やかに、冬には暖かく、
モダンにも、クラッシックにも、空間を美しく彩るこの藍色を、是非あなたも体感しにお越しくださいませ。
心からお待ちいたしております。

写真壁面右より
Dsign No.087  91x183cm
Dsign No. 052(805) 137x198cm
Dsign No.009G  91x152cm
Dsign No.093G 61x122cm
Dsign No.052(856) 70x183cm




20180519.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

MUNI BLUE

2018年05月17日

MUNI倉敷ギャラリーでは、明日18日より、MUNIを代表する色「MUNI BLUE」の展示会を行います。

MUNI CARPETS が生まれるきっかけとなった、本藍から生まれる美しいBLUE 。

それは生命を育む海の色
それは突き抜ける空の青
それは輝く夜空
それは花々が落とす影の色
自然が生み出す青 - MUNI BLUE -

この夏MUNIでは藍で染め上げた様々な夏のBLUEをご紹介いたします。
あなたにとっての特別なBLUEを見つけに、是非足をお運びください。

5/18(fri)〜5/28(mon)
Closed 5/22(tue)

写真左手前より
009H  61x91cm ¥160,000-
052(807) 61x91cm ¥157,000-
057C  61x122cm ¥268,000-
093C  61x122cm ¥265,000-
(tax別)




IMG_6744.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

Vintage Muni Carpets

2018年04月28日

閉店後、
ごく僅かな光に照らされたカーペットの表情が美しく、思わず写真を撮りました。

藍濃淡の市松文様の一枚はお店で何年も使用しているものです。
経年変化が美しく、またこの一枚にしかない表情を見せてくれています。

Vintageと言うほどの年月は経ってないのですが、お店での使用でここまで育つということは一般家庭であればさらに表情は増していくはずです。

それぞれのご家族の歴史や風景を刻むように深まり、表情豊かになるカーペットを是非皆様にお楽しみいただきたいです。

2018.4.28.jpeg
posted by MUNI | MUNI

4月のMUNI倉敷ギャラリー

2018年04月15日

皆様、若葉の美しい季節となりました。

MUNI倉敷ギャラリーではそんな「今」にふさわしい、軽やかな色味のカーペットをご紹介しています。

ホワイト・ブルー・ベージュを基調とした、フレッシュな初夏のBright colorは、爽やかさの中にも気品と楽しさ、可愛らしさを併せ持ち、魅力的なアイテムの1つとしてあなたの暮らしを彩ります。

あなただけの素敵な1枚を探しに、また倉敷へご旅行の際や、お散歩の途中など、是非お立ち寄りくださいませ。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

MUNI倉敷ギャラリー
 岡山県倉敷市東町2-4
 Tel : 086-426-6226



























IMG_6754.jpg

IMG_6759.jpg

IMG_6760.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

自由な発想で…

2018年04月13日

タペストリーとしてお求めくださった瑞雲文様のラグ。
てっきり壁に掛けられるのだと思いきや、
A様は想像とは違う斬新で素敵な設えをされていらっしゃいました。

実は、いざ掛けようとされたところ、壁に穴が空けられず、閃かれたのがお写真のように額にラグを立て掛けるスタイルだそう。
前に垂れ下がったラグが壁とチェストを立体的に繋ぎ、
コーナー全体が一層魅力的に演出されています。

「これはこう」という決まりきった使い方はなく、
自由な発想で楽しんで良いのだと改めて気付かせて頂きました。
特に小さなラグは、「アートピース」を設えるイメージで、
お部屋の床にも、壁にも、あらゆる場所に持ち運んで
コーディネートして頂きやすいアイテムです。
是非皆様も、自由に設えを楽しんでみてくださいませ。

04.13.jpg
posted by MUNI | MUNI

愛猫とのおだやかな時間

2018年04月07日

思わず頬の緩む、愛くるしいお写真を頂きました。
カーペットの上にて“MUNIリボン”で遊ぶ可愛い仔猫。
名前は「チーくん」。
野良ちゃんを拾われたそうで、
最初は「ドブネズミ」の様だったとの事。
今では毛並みも美しく、甘えきった様な可愛らしい仕草から、
I様に大切にされているのが伝わってきます。

多くのお客様が愛猫や愛犬とMUNIをお使いくださっています。
皆様よく仰ってくださるのが、愛猫、愛犬が「MUNIの上にしか行かない」との事。
動物は気持ちの良さに正直なのでしょうか。
チーくんも、心地良く感じてくれていると嬉しいです。
これからも、I様とチーくんの時間がおだやかに重ねられてゆきます様願っています。

35x35 124Bと猫.jpg
55x75 009Aと猫.jpg
posted by MUNI | MUNI

個性が光るmy特等席

2018年04月02日

チークとグレーのファブリックがシックな北欧チェアに、
東洋のクラシカルながらも遊び心のある博古文様のラグ、クッションのコーディネート。
意外性があり、新鮮ながらも上品に馴染んでおり、K様の個性が光ります。
居心地の良さそうな、パーソナルな空間。
猫ちゃんと、チェアに座って寛ぐK様の姿を想像してしまいます…

博古文様とは、かつて宮中に仕えていた文人が、蒐集し愛でていた筆差しや青銅器、花器等の骨董品が描かれたものです。
多くの宝を所有することで幸運を呼ぶという意味が込められており、日本でも「宝尽くし」と呼ばれ親しまれています。
K様の暮らしにも多くの幸運を呼びます様願っております。

04.02.jpg
posted by MUNI | MUNI

緑の空間

2018年03月19日

昨年の晩秋、「雑誌で見てから気になっていて」と、ご来店下さいましたM様。

足元を深緑にするか、水色にするか、たいへん悩まれ、「柔らかい色調と、植物のある空間をちょっと引き締めて」がポイントで、深緑を選ばれました。

この深緑の色は、手紡ぎのウールを槐で黄色に染めた後、藍を重ね染し、緑に発色させたもの。
M様から、「グリーン、ブルー、グレー たくさんの表情を見せてくれ楽しませてくれます」と、嬉しいご報告をいただきました。

一目惚れをしてくださいました獅子と、白い生成りのクッションも、しっかりとそこに居て、遊び心も忘れずにお楽しみくださっていいます。

植物が大好きで、窓からも木々の緑が美しく映り、日差しも柔らかく差し込むお部屋。
この深緑のカーペットは自然と寄り添いかつモダンな印象を併せ持ち、美しい空間を演出します。
楽しくおおらかなご家族皆様と共にあることで、より一層美しく育って行く事でしょう。
10年後がとても楽しみです。


052 901.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

三閑人

2018年03月11日

とても可愛い萩焼の三閑人。
三人形、三漢人、三唐人、とも。

お茶道具の蓋置ともしらず、可愛くて面白くて手に取りました。
「三閑人、というのよ」とその作家さんの奥様が教えてくれました。

忙しい日常のなかで、決して必要ではないのだけど、
お茶を嗜むわけでもないけれど、
無ければとてもさみしいもの。
あればとても嬉しいもの。
こういったものが豊かな気持ちと時間をくれるのかな、と思います。

下に敷いた藍染の梅の小紋ともとてもよく合って。
穏やかな春、梅も花盛り。

三閑人のように、心地よい敷物の上で、ゆったりとした時間を過ごしてはいかがでしょう。




sankanjin.jpg
posted by MUNI | MUNI