Find your own style with MUNI Carpets

2017年05月28日

MUNIのスモールラグ。

エントランス・ラグとして玄関で使うのはもちろん、
気分によって、チェストの前にアクセントとして飾ったり、
アートのように壁に飾ったり…
はたまたお座布団のように床に敷いて座ったり。

ひょいっと抱えて持ち運びしやすいサイズだからこそ、
お家の中の色んな場所で、シーンに合わせて楽しんでほしいもの。

梅雨前の衣替えと合わせて、
ラグの装いも替えてみませんか?

様々なサイズ・デザインを揃えて、お待ちしております。




IMG_1696.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

エントランス・ラグ?

2017年05月22日


お客様から、
「エントランス・ラグと玄関マットの違いは何ですか?」と
ご質問を頂きました。

玄関に敷くもの、という点では同じですが、
ラグとは、パイル糸を手で結んでいく、いわゆる手織り絨毯のこと、
マットは全般的に小さな敷物のことをさし、作りや素材は様々です。

MUNI CARPETSは、
糸を紡ぐところから一枚のラグとして織り上げるまで、
すべての工程を熟練の職人の手で仕上げられています。
さらに、選び抜かれた素材と天然染料のハーモニーが相まって、
他にはない独特の存在感を持ったラグが生まれるのです。

日本では、現代も昔とほぼ変わらず、
靴を脱いでから家の内側へ入っていきます。
玄関敷は、訪れたお客様が
その家のあり方をいちばん最初に感じとる、大切なピースです。
手しごとの粋のMUNIのエントランス・ラグが、
そっと、おもてなしの気持ちを伝えます。



0521.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

My Vintage

2017年05月20日

18年愛用した藍染めのchair rugをブラッシング。
天然藍の色は、時を経るごとに神秘的な奥行きのある色に変化してゆきます。
また使い込む事によって、手紡ぎの糸がほぐれ、
ウールの油分が馴染む為、手触りは滑らかで、
光沢のあるビロードのように上質な
Vintage Rugとして育ってゆきます。


posted by MUNI | MUNI

フィールドオブクラフト倉敷 2017

2017年05月13日

フィールドオブクラフト 2017
「掌から生まれるかたち」

Muni Carpetsから程近い倉敷芸文館では今日、明日、全国のクラフト作家さんが集まるイベントが開催中です。
陶器やガラス、木、革など様々素材からなる手仕事から生まれる品々をご覧頂けます。

またワークショップも様々なものが用意されているようなので是非チェックしてみて下さい。

素晴らしい作家さんが沢山集まることはもちろん、
お客さんも作家さんに積極的に話しかけて意図を汲み取ろうとしている姿がよく見られました。
薄利多売が一般化した今だからこそ、
掌から生まれるモノを使いたいと思うのは自然の現象です。
しかし、そういった人達の作り手へのアティチュードは昔のそれより深いものになっている気がします。


例えばプラスチックは素晴らしいですが、
手で作られた陶器の温かみ、表情、楽しみ、そして壊れた時に知る、悲しみ、大事にするという感情、ありがたみ。


手で作られたモノから学べる事は多いです。
Muni Carpetsの絨毯も一生寄り添い、色んな感情を共にでき、一緒に深まる事が出来ます。

IMG_0822.JPGIMG_0823.JPGIMG_0825.JPG
posted by MUNI | MUNI

GOLEDEN WEEK!

2017年05月04日


いよいよゴールデンウィークも後半になりました。

MUNI 南青山本店・倉敷店は、通常通り営業致しております。
外を歩くのが気持ちのいい天気が続いておりますので、
お散歩がてら、是非お立ち寄りください。

また、MUNI青山本店では、期間限定台湾高山茶カフェも営業中。
青山は意外と坂道が多いので、歩き疲れた身体に、
香り高い高山地のお茶で、
ひと時のリラックスタイムはいかがでしょうか。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

 HIGH MOUNTAIN TEA CAFE @MUNI 南青山本店
     OPEN:木・金・土 12〜16時





diary0503.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

上質なエントランス

2017年04月27日

エントランスにMUNI CARPETSのこんな使い方が

由緒ある癒しの名所として知られる群馬県・伊香保。
写真は岸権旅館様の、先日グランドオープンされた客室です。
クラシカルで気品ある和と、モダンが融合した上質な空間のエントランスに、MUNIの小作品をアクセントとして設えてくださいました。

蓮を丸くデザインした蓮団花文の意匠は、大胆な丸文のモダンな存在感と、丸文の中の優美で細やかな蓮花の対比が美しく、気品があります。伝統とモダンが調和したMUNIの代表作のひとつです。

岸権旅館様の創業は天正4年の安土桃山時代。
古くから、人々へ癒しの時間を届けられてきた、格式ある旅館です。
伊香保の美しい自然と温泉、心地の良い空間と美食。
上質なエントランスが、これから始まる贅沢な時間を物語っています。

岸権旅館様ホームページ
http://www.kishigon.co.jp/

202-1Diary用.jpg
posted by MUNI | MUNI

The Entrance Rugs

2017年04月16日

皆様はもう、お好みの Entrance Rug は見つかりましたでしょうか。

“The Entrance Rugs”の2日目となりました。
本日のお客様は、“シンプル”をコンセプトにお選びくださいました。
実はこの方、かねてよりご友人様から MUNI の事をお聞きになっていらっしゃったとのこと。

あれかしら、これかしら、と選ぶその時間がとても楽しく愛おしく、
新しい暮らしの扉が開かれることへの期待感が膨らみます。

皆様も、多くの Entrance Rugs が織り上がりましたこの機会に、
是非あなただけの1枚を選びにお越し下さい。


会期 2017年4月15日(土)〜2017年4月30日(日)
10:00〜18:00時 
Closed
【MUNI南青山本店】4月18日(火),25日(火)
【MUNI倉敷店】  4月18日(火),19日(水), 25日(火),26日(水)

20170420 1.jpg


20170420 2.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

THE ENTRANCE RUGS start!!!

2017年04月15日

本日より、4月のフェア
"THE ENTRANCE RUGS"がスタート致しました!
南青山本店・倉敷店で同時開催です。

新年度を迎え、期待に胸膨らむこの季節、
様々なお家の玄関に映えるEntrance rugを豊富に織り上げました。

是非この機会に、
ご自宅に相応しいスペシャルな一枚を探しにお越しください。






IMG_1487.JPG

IMG_6109.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

THE ENTRANCE RUGS

2017年04月07日

このたび、MUNI南青山本店・倉敷本店では、
お家の顔、エントランスに相応しいSmall Rugを
豊富に取り揃えた展示会を、同時開催致します。


玄関は、家族が毎日出かけ、帰ってくるところ。
訪れるゲストのため、おもてなしの気持ちを表すところ。

常にひとの往き来がある、お家の中でも大切な場所だからこそ、
特別な一枚を選ばれてみてはいかがでしょうか。

使いこんでいくほどに美しさと心地よさが増してゆく、
不思議な魅力を秘めたMUNIのEntrance Rug…
上質で滑らかなその肌触りは、
何よりもたしかに家の主人の想いを伝えます。

サイズ・デザイン共に様々なご用意の中から、
あなただけの一枚がきっと見つかるはず。
洋服を装うように軽やかに、
Entrance Rug選びをお楽しみください。
皆様のご来店を、心よりお待ちしております。



    会期 2017年4月15日(土)〜2017年4月30日(日)
                   10時〜18時 
   Closed【MUNI南青山本店】4月18日(火),25日(火)
        【MUNI倉敷店】4月18日(火),19日(水)
                  25日(火),26日(水)
      




SNS用DM画像.jpg
posted by MUNI | MUNI

The Entrance Scenes

2017年03月30日

ドアを開くと最初に目に入る、一枚のEntrance Rug。
ホワイト&ブルーの花蝶文は、しっとりとした光沢をたたえ、
時の重みに耐えてきた分だけ、たしかな輝きを放つ。

靴を脱いで、足の裏にじかに伝わる感触を想像してみる。
それはどんな「いらっしゃい」や「おかえり」より、
家の主人の思いを雄弁に語るだろう。

人口が減り核家族が主流になった現代、
いえづくりや設えの楽しみは、
よりパーソナルで親密なものに変化してきた。
玄関とは、装う場所だ。
洋服を着替えるように、
美しさと心地よさを兼ね備えた特別な一枚を選んでほしい。

玄関は、訪れるゲストを最初に迎え入れ、
歓迎の気持ちをあらわすところ。
そして毎日家族が出掛け、帰ってくる、大切な場所だから。





瀬下様20170329.jpg
posted by MUNI | AOYAMA