Time for Elegance START!

2019年05月17日

本日が、特別展示”Time for Elegance優雅に過ごす時間“の
初日でした。
沢山の方にご来店いただきまして、心より御礼を申し上げます。

南青山本店では、
銀座のDANSK MOBEL GALLERYのご協力のもと、
心を打つ、研ぎ澄まされたフォルムのパーソナルチェアと、
MUNIのカーペットが織りなす、美しい関係性をご覧頂けます。

倉敷店もいつもの設えから、
今回限りの特別スタイリングになっておりますので、
是非、次の投稿をお楽しみにお待ちください。

イベントの期間は、5月27日(月)まで。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

協力:DANSK MOBEL GALLERY
https://www.republicstore-keizo.com/dmg/



IMG_7207.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

包まれるよろこび

2019年05月16日



お気に入りのパーソナルチェアと、一枚のカーペット。
上質な座り心地と、美しく繊細なラグのやわらかな触感に
心が満たされていく…

ハイクオリティなものたちにひとり、全身を包まれる、
とても贅沢な時間の過ごし方です。

MUNI CARPETS
Size.91x152cm, Design No.076B
Price.\864,000(in tax)

Chair:PK22(DANSK MOBEL GALLERY)





internal.8f872052ccede098746f078898fd92d9.L1004366.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

居心地のいい場所

2019年05月11日

1年ほど前からたびたび南青山本店にお越しいただき、
時間をかけて、MUNIのカーペットをご覧くださっていたK様。
このたび、ご新居の写真をお送りいただきました。

すっきりと明るい、ナチュラルな印象のお部屋には、
K様厳選の、多国籍の家具の数々が。
ラウンジチェアやチェストの足元にアクセントで、
MUNIのカーペットをしつらえて頂いています。
20世紀の力強い構造美のモダンファニチャーと、
東洋ならではの、やわらかな
美しさのラグがひとつの場所で出会うことで、
より落ち着きのある、居心地のいい空間が完成しました。

「お店で見ていたときよりも、
実際にラグを家に置いた方が何倍もよく見えるね!」
と、笑顔でおっしゃってくださったK様。
初夏を迎え、一年でいちばん
太陽の光りが冴えるこれからの季節に、
ラグの表情の移り変わりも楽しんでいただけましたら、
とても嬉しく思います。


IMG_4192.jpg

IMG_4195.jpg
IMG_4196.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

近代建築の巨匠を感じる

2019年04月13日

先日、上野の西洋美術館で開催されている“ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代”の展示に行ってまいりました。
建築やインテリアで有名なコルビュジェですが、展示では彼自身の絵画も数多く展示されていました。
パッと見て一番驚いたのは色彩の美しさ。彼の完璧なまでに計算されつくした芸術に、優しくどこか安心感のある色たち… 圧倒されるばかりでした。
もう一度見に行きたいと思うくらいの展示でしたので、皆様も是非。

写真はそのコルビュジェのソファにライトブルーの無地を合わせたもの。
MUNIのカーペットも、オーナーが一つひとつこだわり抜いた色で織りこまれています。
自然染料の優しい輝きを存分に楽しめる1枚です。




_MG_7589-2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

心地良い音楽とMuni Carpets

2019年03月25日

音楽はレコードで聞くのが好きです。
柔らかい音が心地良く、
レコード盤をひっくりかえす作業もイベント感があり楽しいです。
またその一手間かかる作業の際に様々なことに気付くことがあります。

例えば音響システムの前に敷いているカーペットの豊かな表情、夜の間接照明に照らされた表情や、朝日が差し込み輝く光沢。

手間がかかるアナログ製品は時に見落としている美しい情景を思い出させてくれます。

写真のレコードはJazzの名盤。
Billie Holidayのライブ集です。
彼女の歌声は60年以上経った現代でも魂を揺さぶり、色褪せることはありません。
活き活きとした演奏、オーディエンスの反応も熱狂的であり、
Jazzが最もヒップであった時代を鮮明に感じさせてくれます。


bdiliy.jpg
posted by MUNI | MUNI

ワイドなエントランスに

2019年03月18日

数年前、新築されたのをきっかけにMUNIをお求め下さったM様。
このたび2枚目のMUNIは、
ワイドな横幅のエントランスにちょうどよいサイズ感の、
ランナーカーペットを。
段差のないフラットな床のため、
靴の脱ぎ履きの目印にも、ラグは必要です。

アイコニックな幾何学デザインと、
牡丹の唐草ボーダーの組み合わせが人気のDesign No.024。
ブルーの濃淡のコントラストが、とてもきれいな一枚です。
柱のブルー、らせん階段の壁のイエローと、
ラグの藍色が美しい対比。

モダンな建築の雰囲気が、より引き立ちます。

今後使いこんでいただくことで、
表情は一層深く、豊かになっていくことでしょう。
次にお話を伺わせて頂く機会を、楽しみにしています。


0318.jpg

0318-2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

2019年03月15日

新しい季節は、いつだって雨が連れてくる

恩田陸 『ユージニア』


先日の雨で梅の花もすっかり散ってしまい、アスファルトに白い絨毯を作っておりました。
桜もすでに咲き始め、春の訪れを感じます。

そんな情景を思い浮かべながらの一枚。
冬を想わせる濃い色の皮のソファも、合わせる絨毯で春の雰囲気へと変えてくれます。




_MG_7186.JPG
posted by MUNI | MUNI

縁側に、団欒に

2019年02月22日

日ごとに寒さも緩んで、そこはかとなく春の気配。
縁側に座って日光浴もいいし、
気のおけない友人たちと集まって話すのも、
良い休日の過ごしかたです。
そんなとき、銘々がゆったりと座ってくつろげるラグがあると、
また気持ちがいいもの。

45x45cmのチェアラグは、椅子の上だけではなく、
床に直接置いて、おざぶとんのようにも使える便利なサイズ。
足を崩して胡坐座を組んでも、
充分に心地よく使っていただけます。

新元号に変わるまであと少し、
新たな節目を迎えようとしているこの季節。
大切な人へのプレゼントにも、きっと喜ばれるはず…。



なおチェアラグは、35cm角、45cm角ともに
制作が既に終了しており、数には限りがございます。
詳細は、MUNI南青山本店・倉敷店にお問い合わせください。


0222 縁側.jpg
0222.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

朝日に照らさせて

2019年02月11日

冬はつとめて。

とは申しますが、東京は先日の雪でさらに冬らしくなり、特に朝は寒さが厳しくなって参りました。

この写真は、そんな寒い日に朝日が入り込んできた瞬間をとらえたものです。
明スタイルのアームチェアがまるで後光のように照らされて
後ろに掛けられている絨毯によってさらに荘厳な雰囲気となっています。


_MG_6797.JPG
posted by MUNI | MUNI

朝、ひとすじの光り

2019年02月02日

立春近し。
陽の光りの色も、1月の凍てつくような透明さから、
やわらかい暖色を帯びてきたような気がします。

写真は、今朝のMUNI南青山本店の一コマです。




0202.jpg
posted by MUNI | AOYAMA