クッションを仕立てる職人の手 Vol.1

2009年07月03日

MUNIのクッションは一点一点を手縫いで仕上げるため、小さいサイズのクッションでも縫い上げるのに2〜3週間かかります。

そしてクッションを仕立てるのが、職人の片山さんと国司さん。
その仕事は、よくよく目を凝らしてみても、どこが縫い目か分からないほど。
ひと針ひと針に、『お客様に喜んでいただけるように』と、心を込めて縫い上げています。
職人としての技術の高さと、誇りがそこにあります。

MUNIのクッションは、MUNIのチェアラグの裏にフランス製のシルクの布を縫い合わせるのですが、先ずは縫い合わせるためのシルクの布のお仕立てから始まります。
とても柔らかく、こしと癖と風合いがある布は扱いがとても難しく、裁断一つ取ってもとても神経を使います。
すぐに動くその布を裁断し、芯地を合わせファスナーを縫い付け、最後には端から1mm足らずの場所にぐるりと端ミシンをかけていきます。

次に仕立てあがったシルクの布を、チェアラグに縫い合わせ、仕上げをしていきます。
ただでさえかたい絨毯の裏に、しっかりと縫い上げられたシルクの布を、端ミシンをかけたさらに外側を、ひと針ひと針縫い合わせていくので、その難しさは想像以上です。
しかし、しっかりと仕立て上げられた細やかな仕事、乱れの無いその縫い目は目を凝らしてもなかなか見えず、絨毯と美しく一体となっているのです。
posted by MUNI | MUNI

クッションを仕立てる職人の手 Vol.2

『縫い目がほどけないように、丈夫であるように、美しくあるように。』と願いを込めて仕立て上げられたクッションは、手縫いを仕事にしている他の方々が見ても『これは本当に難しい仕事。よく出来るね。』と感嘆の言葉をくださいます。
そして私達MUNIのスタッフも、MUNIの職人の片山さんと国司さんに、心から尊敬をもっています。

MUNIの絨毯を愛し、なによりお客様のことを第一に考えてお仕立てをしてくれる職人としての誇りに、私達もまた安心と全幅の信頼を寄せ、感謝と共にこの方々とこれからも同じMUNIに携わる者として前進してゆきたいと思っています。

現在、南青山ギャラリーにて開催されているクッション展にて、その技をご覧いただけます。
クッションの可愛さと共に、是非ひと針ひと針の美しさもご覧下さいませ。

posted by MUNI | MUNI

New Yorkへ

2009年05月02日

ニューヨークで開催される国際家具見本市ICFF
(International Contemporary Furniture Fair)に
出展いたします。

アメリカでMUNIを紹介するのは、初の試み。
全米、そしてヨーロッパからのインテリアデザイナー、美術関係者、建築家、バイヤーが来るとあって、様々な出会いがありそうです。
カーペットの実用面だけでなく、特に歴史的背景など文化の話しを含めて、美術品としての側面を広く伝えていきたいと思っています。

MUNI CARPETSの元となるクラシカル・チャイニーズ・カーペットが作られたのが中国の明末期〜清初期。
ちょうどこの見本市開催中に、メトロポリタン美術館で、
明代のアートを紹介する企画展が行われています。
成熟したこの時代のカーペットが、現代のアメリカの人たちに
どう受け入れられるのかMUNIの新たな挑戦となるショーです。


www.icff.com
posted by MUNI | MUNI

倉敷ギャラリーのある町並み

2009年04月23日

倉敷ギャラリーのある町並みは
古〜い町並み。

折角の町並みに沢山電線が見えていて、
ちょっと残念。
でも、この空に沢山見えている電線を
全部地面の下に埋め込むのです。

今、そのための準備の真っ最中。

この写真ではMUNIがどこにあるのか
あまり良くわからないけど、
全部全部、工事が終了したら、
またまたご報告いたします。

きっと、もっと空も見えて
空気のきらめきを感じられる
素敵な通りになるんだろうな〜。

夜にはしっとりとした
落ち着きある通りになる予定!!

ちなみにMUNIは、ちょうど中央辺りの、
白い三角屋根の蔵になります。
posted by MUNI | MUNI

2009年04月09日

先日お越し下さったお客様、イラストレーターのO様より
MUNIにインスピレーションを受け、描かれたという自作のポストカードを
頂戴しました。
清朝のお姫様をイメージされたそうです。
(写真のものは、頂いた中でのお気に入りです!)
倉敷での個展が実現されることを、楽しみにしております。

MUNI CARPETSを通して、様々な出会いや繋がりを感じる瞬間が
とても楽しく、輪がどんどん広がっていけたらと願っております。
posted by MUNI | MUNI

Enjoy CUSHION!!

2009年03月26日

MUNI広島ギャラリーにて、
3/25(水)〜3/30(月)の期間、クッションフェアーを
開催しております。
白を基調とした明るい店内に色鮮やかなクッション。
MUNIの春を感じに、是非ご来店下さい。
心より、お待ちしております。
posted by MUNI | MUNI

エタニティー

2008年12月21日

クリスマスリースには永遠の生命の意味が込められているとのこと。(目白Wresth クラブ資料より)

Merry Christmas!

皆様どうぞよいクリスマスを!
posted by MUNI | MUNI

agete×「ブーリン家の姉妹」

2008年11月05日

現在上映されている映画「ブーリン家の姉妹」
ハリウッドでも注目の若手俳優ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演でも注目を浴びている作品です。

その公開を記念してagete青山本店では、実際に映画の中で彼女たちが着用した衣装を展示しているということで、早速行って来ました。又、映画の公開を記念したオリジナルネックレスも販売しているそうです。

デザインは、「恋におちたシェイクスピア」「アビエイター」の2作品でアカデミー衣装賞を受賞している、サンディ・パウエルです。店内には実物の衣装や原画などが飾られていて、映画の世界を感じさせてくれます。

映画については、同名のベストセラー小説「The Other Boleyn Girl」が原作で、16世紀のイングランドが舞台。
ヘンリー8世の愛をめぐり、ブーリン姉妹の美しくも哀しい、今まで知られてこなかった話が繰り広げられていきます。

ageteでの衣装展は11/6(木)までとあと僅かですが、映画はまだまだ上映中ですので、興味がある方は是非。
posted by MUNI | MUNI

サントリー美術館

2008年10月27日

 もうひとつのPicasso展に行ってきました。

 こちらは、華やかな彩りはないのですが、ピカソの自画像を
中心に、内面に迫る内容でした。
 見た感じは、前回行った国立新美術館の方が色彩豊かで、
好きなピカソですが、意外にも心に厚く残ったのは
サントリーのほうでした。

 旅行でもピカソが見れる際は、必ず立ち寄っていましたが、
切り口の異なるこのたびの展覧会は新たな面をみることが
できた良い機会でした。

12月14日まで。
posted by MUNI | MUNI

採用のお知らせ

2018年04月22日

平素より皆さまにはご愛顧たまわりまして、誠にありがとうございます。

このたび、MUNIでは販売スタッフの採用を行っております。
勤務地は倉敷を予定しております。
MUNIの仕事に関心をお持ちで、カーペットの魅力を多くの方に
ご紹介いただける方をお待ちしております。
詳細は、お電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ先
MUNI 南青山本店:03-5414-1362


kurashiki1.JPG


 

kurashiki2.jpg
posted by MUNI | MUNI