夏本番

2015年07月25日

やっと梅雨も明け、今年も本格的な夏到来です。
毎年、倉敷の夏は厳しいにも関わらず
本当に大勢のお客様にご来店頂いております。
改めて、心より感謝申し上げます。

今年も予報では暑くなりそうです。
実際今日もまだ身体が慣れてないせいか、
クラッとしてしまいました。
美観地区周辺、木陰や一休みする場所が少なく
散策はとても厳しいので、初めて倉敷にお越しになる方は
日傘等必ず携帯して下さいね。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。
20150725.jpg

posted by MUNI | MUNI

MUNI CARPETSが生まれる場所

2015年05月10日

 



1987年、オーナー楠戸謙二が
藍色のアンティークチャイニーズラグと出会ったことから、MUNI CARPETSは始まりました。

アンティークラグの歴史を紐解く中で出会った
最上の気品と美を備えたカーペット「クラシカル・チャイニーズ・ラグ」。

幻と呼ばれたそのカーペットの生まれた宮廷工房は中国北西部、かつてのシルクロードにありました。
MUNI CARPETSは、その素晴らしい文化を甦らせたいという強い思いから
宮廷工房の栄えた同じ土地に工房を設け、伝統製法を研究、今に甦らせ、独自に制作しています。

クラシカル・チャイニーズ・ラグ誕生の聖地に構えるMUNIの工房「漢氈居」。

そこには、歴史の中で一度絶えてしまった
自然と人の手から生まれる唯一無二のものづくりが、今でも息づいています。
MUNI CARPETSの生まれる、ひとときの物語です。
ぜひご覧くださいませ。


posted by MUNI | MUNI

八重家といち町 京都

2015年05月05日

京都・五条に位置する「八重家といち町」。
京都ならではの古都の風情と現代のモダンさを
あわせもつ一棟貸しの宿泊施設。
和室にイタリア・カッシーナ社の家具とMUNIの
藍色のカーペットをしつらえてJAPANESE MODERNを
楽しめる落ち着いた空間です。

MUNI CARPETS
Design No. 112(856)
フィールド 蓮文:幸福な結婚、子孫繁栄を願い古来より大切にされてきた文様
ボーダー 雷文:雨をもたらし万物への恵みを願った文様。欧米ではグリークキーとよばれている


diary.jpg



posted by MUNI | MUNI

Men's Precious 「青の物語」

2015年04月13日

こだわる男のモノ語りマガジン Men's Precious 。
007にまつわるスーツ、作家ヘミングウェイの旅の愛用品など、大人の男性の憧れを必ずストーリーと共に紹介している雑誌です。

同紙の2015 Spring特集は「青」

男性は誰しも青に魅せられ、ある男性作家はブルースピネル色というお気に入りの青の表現を多用しました。
スポーツのナショナルチームカラーにも青は多く、例を上げれば青の物語りは尽きません。
男性は自分だけの特別な青、引き込まれる青があるのです。

至高の名品やカルチャーにまつわる揺るぎない青の一つに、MUNI CARPETSも紹介されています。

ページを開いてまず目に飛び込んでくる
手触りやその厚みまで感じ取れる素敵な写真に
ご愛用のMUNIの青のストーリーと共にテキストを添えて下さったのはフリーエディターの中村 賜さん。
中村さんもMUNIを長くご愛用頂いている方のお一人です。

MUNI CARPETSでは天然染料の藍染めで様々な深みのある青をご覧頂けます。
是非ご自分のお気に入りの青をお探し下さい。

メンプレ.jpg
posted by MUNI | MUNI

エルズワース コレクション

2015年03月16日

ロバート・ハットフィールド・エルズワース 1929年生まれ、
昨年85歳で世を去った ニューヨークの東洋美術の名ディーラーであり研究者としても功績を遺した。
また、偉大なコレクターでもあった彼のコレクション2000点以上が
明日からクリスティーズ ニューヨークで競売にかけられる。
個人コレクションではオークション史上最大規模と言われる。

しかし、ただの研究者、コレクターではなくその卓越した美意識によるインテリアコーディネート。
例えばイギリスのクイーン・アン様式やチッペンデール様式の家具と明代の家具とのコーディネート。
壁面には斉白石などの近代中国絵画や日本の屏風
「日々、ともに暮らしたいと思えないものは、決して集めない」という彼自身の心を現すような作品の数々。

芸術新潮3月号にて紹介されています。
http://www.christies.com/auctions/asian-art-week-new-york-march-2015/ellsworth

nyr.png
posted by MUNI | MUNI

ポイントに「青」

2015年02月06日

お引っ越しをして間もない頃にご来店くださったT様ご夫妻。

リビングは、深みのある落ち着いた色調で、床はウォールナット材。
ご希望のイメージは、リビングのポイントに青色をベースとした
カーペットを取り入れることでした。

MUNIの代表的な色である「青」は、天然藍を100%使用しています。
藍色は、時間とともに深みを増し、また使用することでウール糸の
艶やかな表情が現れると一層美しさがみられます。
この美しさは、言葉では表現できない、観る人を魅了し心に刻まれるほどです。

このたび、T様とカーペットの良き出会いがあり、蓮文様を連続的に
デザインしたカーペットをお届けさせていただきました。
お写真は、奥様の愛情のこもったショットです。

Design No.009A 70x183cm


diary1.jpg

diary2.jpg
posted by MUNI | MUNI

時を刻むカーペット

2015年01月24日

悠久の移りゆく時の中、
変わらない美しいものがあります。

紗綾形の文様は吉祥万福の集まるところ。

立て上がったばかりの MUNI のクッションにも、
クッションの後ろの、クラシカル・チャイニーズ・ラグ にも、
デザインされた美しい紗綾形は、使う人の元でその時を刻みます。

往時の洗練された文化の中ではぐくまれた豊かな奥深さ。
そこから肌で感じる贅沢な時。
使うほどに生きてくる、確かな手仕事の技。

MUNI のカーペットは、それを手に取る人に、
文化に裏付けされた、本当の贅沢を感じていただけます。

是非、その豊かさを、お手元で感じて、
幸せの時を刻んでください。

20150124up.jpg
posted by MUNI | MUNI

新年のご挨拶

2015年01月10日

皆様、佳いお正月をお過ごしだったことと存じます。

新しい1年。
素敵な何を思い描いていらっしゃいますでしょうか。
その中に1つ、MUNI も是非加えてくださいませ。
MUNI スタッフ一同、今年も心から皆様のご来店をお待ちいたしております。


宝尽くしの意匠が素敵な写真のカーペット
皆様のもとに幸せが届きますように
博古文氈 073B
size  137 x 198 cm


201501073Bup7.jpg
posted by MUNI | MUNI

本年もありがとうございました。

2014年12月29日

平素はMUNI CARPETSをご愛顧いただきまして
心より御礼申し上げます。

皆様にとって、今年はどんな一年でしたでしょうか?

今年、MUNI CARPETSは25回目の節目を数えました。

25周年を迎えることが出来ましたこと、
こうして無事に1年を終えられますことは
皆様に支えていただきましたお蔭でございます。
本当に、有難うございます。

写真のカーペットは、2014年新作の蓮唐草の意匠でございます。
ご家族の幸福を願う蓮のお花、
その幸福の絶え間なく代々と続くことを願う唐草の意匠の合間には
ふわりと蝶が舞っています。
蝶は再生と繁栄の象徴です。

皆様のお迎えになる新しい年が、
このカーペットの願う優しい幸福のように
喜びの多い素敵な年となります様、お祈り申し上げます。


年始は1月7日(火)より営業いたします。
新年の特別なしつらえで、
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

119.jpg
up.jpg
posted by MUNI | MUNI

ありそうでない? 無地

2014年12月14日

只今、南青山本店ではシャンランラインDesign No.R-1を
二人掛け、一人掛けソファーのセッティングにディスプレイ
しています。
このRシリーズのデザインは今から15年以上前に
作ったデザインです。

単純にボーダーラインを外枠と同幅にとっただけの
デザインですが、色の組み合わせによって様々な表情を
見せます。
このR-1は少しクリーミーなホワイトにダークブルーの組み合わせ。
R-1というくらいで、シリーズでも最初に作った作品です。
クラシカルな伝統文様とコーディネートして使いたくて作った
思い出深いファーストモデルです。
クラシカルチャイニーズラグの上質を凝縮した無地の
カーペットシャンランライン、ぜひ踏み心地を体験してみて下さい。


diary.JPG
posted by MUNI | MUNI

Exhibition in Cassina ixc. 2014

2014年12月06日

この冬もカッシーナ・イクスシーにて
MUNI CARPETS展を開催しております。

5回目を迎える今年は、青山、大阪、福岡の
3店舗それぞれにテーマを掲げてMUNIの美意識を
表現した世界をお届けいたします。

メインとなる作品は、インペリアルラインから
ご紹介をしております。
長い年月をかけて、緻密に完成されたデザインを基に、
職人のかけがえのない技術が実を結び、仕上げられた作品です。
観て、触れて、そして感じていただき、MUNI CARPETSの
世界観をどうぞお楽しみください。
また、大阪、福岡で沢山ご覧頂けるのはこのシーズンだけ
ですので、ぜひともこの機会にお出かけください。

カッシーナ・イクスシー青山本店、大阪店、福岡店にて
2015年1月末まで開催予定
詳しくは下記をご覧ください
http://www.cassina-ixc.jp/shop/t/t1573


1.jpg

9.jpg
posted by MUNI | MUNI

WEBカタログのご案内

2014年10月13日

この度、ご遠方にお住まいのお客様や、忙しい毎日を
お過ごしのお客様にもご自宅でMUNI CARPETSのデザインを
お楽しみいただけるように、Web Catalogueをご用意致しました。

MUNI CARPETSは一点一点が手仕事のため、デザインは
同じでも、手紡ぎ糸の太細や天然染料による染め、
また織り手の個性によりニュアンスが一枚一枚異なり、
一つとして同じものが存在しない、出会いの御品物でございます。

そんな手仕事の特性上、写真と実物に違いが生じることがございます。
ご来店の難しいお客様には、お電話にて御品物のご相談、
ご注文を承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ
くださいませ。

台風が過ぎると、梅雨明けならぬ秋霖明けとなり、秋晴れが
続くそうです。
澄み切った秋空のもと、皆様に素敵な出会いがありますよう、
心より願っております。

【Web Catalogue】
http://www.muni.co.jp/product/catalog.html


webcatalogue.jpg



posted by MUNI | MUNI

アートのある暮らし展 御礼申し上げます

2014年07月30日

先週のこととなりましたが、21日月曜日をもちまして
青山、自由ヶ丘、倉敷を巡った
MUNI CARPETS 25周年特別企画展 “アートのある暮らし”が、
無事終了いたしました。

会期中はたくさんの方々にお越しいただき、
誠に有難うございました。
多くの方に支えていただきまして、25年の節目を
こうして皆様と迎えることができました。

GREEN WOODS柳原さんの美しい額を間近にご覧になられたお客様からは、その緻密さと洗練された木肌の仕上がりに、驚きの声をお聞かせいただきました。
額に納められることで、カーペットも本来の気品や風格が一層際立つように感じられます。

アートとの出会い、新たなMUNIの楽しみを感じていただけましたら、嬉しく存じます。


額装の作品はもう外してしまいましたが、
店内では爽やかなMUNIの藍を中心に
新たな設えにて皆様のお越しをお待ち致しております。
ぜひお立ち寄りくださいませ。

御礼.jpg

御礼2.jpg

posted by MUNI | MUNI

MUNI CARPETS 25周年企画 “アートのある暮らし”

2014年06月07日

今年、MUNI誕生から25年を迎えることとなりました。
多くの方に支えられて、ここまで続けることができました。
目指すところは、皆様に安らぎと豊かさを感じていただけること。

オーナー・楠戸謙二が手がけてきたデザインは、約200種類。
“クラッシックでモダン”なデザインは、時を超えて変わらぬ
美しさを保ち続けています。

このたび、デザインを、より身近にアートとしてお楽しみ
いただけたらと、MUNIのギャラリーのデスクやベンチで
おなじみの鳥取県大山在住の家具作家 GREEN WOODSの
柳原さんとMUNIとのコラボレーションアートが実現いたしました。

限定20作品ご用意させていただきました。
ぜひお楽しみいただけますようご案内申し上げます。

額縁 材ウォルナット かんな仕上げ 55x55cm
中のラグ35x35cm 総重量約5kg \160,920(税込)

開催期間
南青山本店 6月13日(金)〜23日(月)
MUNI cushions 6月27日〜7月6日(日)
倉敷店 7月11日(金)〜21日(月)


Artfair DM2014 (diary).jpg
posted by MUNI | MUNI

のんびりと…

2014年05月14日

皆様

どんな『今日』をお過ごしですか。

私はこんな風に、のんびりと過ごしています。

野を渡る風のようなこのカーペットの上で寛ぐ、至福のひととき…。
こんなほんのひとときの心地よさの積み重ねが、変わることのない豊かな幸せへとつながってゆくのですね。

足元から、背中から感じるこの心地よさ。
是非とも味わっていただきたいのです。

カーペットのお色は、藍色・水色・ベージュもあります。
綺麗なカーペットをお店で、ご自宅で、楽しんでくださいませ。
20140508.jpg
posted by MUNI | MUNI

春の新作

2014年04月13日

新作及び新たに織り上がった作品が入荷いたしております。

大胆な唐草のデザイン、美しいライトブルーのシャンランライン、
こっくりとしたカフェオレのようなベージュにホワイトの蓮文様等

MUNIの今月のテーマは“春の訪れ”です。
それぞれのギャラリーで春を感じていただけるしつらえで
皆さまのご来店をお待ちしております。

ぜひともお楽しみください。


1.JPG


2.JPG
posted by MUNI | MUNI

“GOLD”〜2014年雑誌掲載

2014年01月10日

昨年冬に創刊された女性誌“GOLD”。
2月号の「おうち贅沢品」特集でインテリアスタイリスト
横瀬多美保さんがMUNIをご紹介くださいました。
20年近くMUNIを大切にしてくださっている横瀬さんも
MUNIをご愛用してくださっているお一人です。

今回、「大人のシノワズリスタイルを感じる一枚」と
選ばれたのが、蓮唐草のデザインです。
躍動的でエレガントなこの唐草は、工房の織り手たちが
口をそろえて難しいといいます。
それだけに丁寧に作られ、奥行のある作品に
仕上がっています。
サイズは2種類、6色展開です。

写真詳細
Design No.093B
Size 61x122cm


cover1.jpg


No.093B.jpg
posted by MUNI | MUNI

一周年記念イベント

2013年11月15日

11月10日でMUNI cushions 自由が丘がおかげさまで、
一周年を迎えました。
沢山のお客様に支えられてこの日を迎えることが出来ました。
改めまして感謝申し上げます。

チェアラグ&クッションの専門店としてオープンして当分、
MUNIをご存じないお客様でチェアラグを初めてご覧になった方は、「これって何に使うの?」「サンプルなの? これから選んで大きいサイズを作るの?」というご質問など等。
そうか! やはりMUNI CARPETSを知って頂かないと、
このチェアラグの意味をわかって頂けない。
そこで少しですが、
お玄関用等のスモールカーペットを展示し、
ようやくCARPETで作られた椅子敷きということをご理解頂けるようになりました。

この度の一周年の記念イベントでは、
MUNIというブランドの仕事をより深く知って頂けますよう、私がカーペットを始めるきっかけとなったアンティークラグ(初めて倉敷から離れます)と青山店に展示しているクラシカル・チャイニーズ・ラグをMUNI cushions自由が丘に展示しております。
また青山店では連動して、普段はご覧頂けないMUNI のクラシカル・チャイニーズ・ラグ・コレクションとその作品を基に制作したMUNI CARPETS インペリアルラインを同時に展示しております。
普段MUNI CARPETSをお使いのお客様、また、初めてのお客様にも楽しんで頂けるイベントになりました。
少し寒さが増してまいりましたが、ぜひお立ちより頂けましたら幸いです。

青G.jpeg
posted by MUNI | MUNI

アルマーニとチャイニーズ・ラグ

2013年09月11日

エルデコ最新号にミラノのジョルジオ・アルマーニ邸が紹介されています。

表紙そのものがゴージャスなアルマーニの部屋。
この度は2001年にエルデコで紹介された時と比べ
かなり変化しています。
12年も経っているので当たり前ですが。
部屋をよく見てみると、動物のオブジェが
要所要所に置かれています。
「都会の真ん中で、自然のパワーを思い出させてくれる」と。
中国の磁州窯の大壷、唐時代の俑、仏頭、如意等東洋のオプジェが数多くコレクションされているのも目を引きます。
かつてココ・シャネルが「インテリアは心の現れです」と語った言葉が思い出されます。
傘寿を迎えるアルマーニの東洋への思いの現れでしょうか。
ARMANIブティックの竹の意匠も象徴的です。

そして12年前と変わらないものが有りました。
リビングのジャン・ミッシェル・フランクのソファーとベージュ&ブルーのチャイニーズ・ラグです。
この空間こそ彼の変わらぬエレガンスの象徴のような気がします。
興味のおありの方は是非ご覧下さい。


elle deco.jpg
posted by MUNI | MUNI

MUNIの石榴(ざくろ)

2013年08月26日

MUNI CARPESに描かれている石榴は、たっぷりとした弾けそうな実と、中にある多くの種を、細やかな技法によって表現しています。
種の点点は、異なった色の糸を一本にしてから織ることで、色の混ざり具合が絶妙となり、他とは違う表現が生まれます。
美味しそうな実に誘われて!?蝶が近くまで来ているようです。

“歳寒三友四君子文氈”の一部分を切り取ったものですが、季節や見る角度によって様々なストーリーを思い浮かべてみるのも、楽しみの一つです。

石榴は、子孫繁栄や豊穣のシンボルといわれております。

ざくろ1.jpg
posted by MUNI | MUNI