HIKE x MUNI CARPETS

2018年11月16日

中目黒の「ハイク」にてMUNI CARPETS展を開催いたします。
ハイクは、北欧のヴィンテージ家具を始め、オリジナル家具を展開。
その独自の世界観とクオリティは、多くの人を魅了しています。
この機会にぜひともMUNIとのコーディネートをお楽しみください。

開催場所:HIKE (中目黒)
開催期間:11月16日(金)-25日(日)
     11:00-18:00
     火、水曜日定休日

HIKE http://www.hike-shop.com




181112-01.jpeg
posted by MUNI | MUNI

カーペットとつくる、大人のインテリアB

2018年11月09日

今回はMuni Carpetsを代表する色の藍色のカーペットNo. 087を異なる雰囲気の空間に敷きこんだ比較をご覧いただきます。

No. 087 カーペットについて
ブルーの濃淡だけで表現された蓮唐草のデザイン、躍動感のある大胆なデザインですが、ボーダーがあることと藍色一色の濃淡で織り上げられていることにより、まとまりがあります。
エレガントであり、クラシックさも合わせ持つ一枚です。

まずは1枚目の写真です。
光が沢山入るガラス張りのモダンな空間です。
コルビジェLC3のソファやDomaniのフラワーベースなどモダンな空気感をもつ家具と、古い李朝の机が置いてあります。
そこにNo.087が入ることによりモダンな家具と李朝をつなげ、モダンさのさらに次の次元へ、より奥深い印象を与える空間に変化しております。

続いて2枚目の写真です。
建物自体がとても古く、重厚感のあるお部屋です。
コルビジェLC3のソファや東洋の家具は1枚目のお写真の空間と同じですが、
No.087が入ることにより重厚感のあるお部屋がより一層荘厳に感じられます。
ブルーのお色はお部屋全体に落ち着きを与えてくれ、蓮と唐草の躍動感溢れる文様は優雅さを感じさせてくれます。

いかがでしたか。
同じデザインのカーペットでも違う空間に敷けば、見え方も周りのインテリアに与える印象も変わって見えます。
カーペットはお部屋の印象を決めると言っても過言ではないかもしれません。
皆様のお部屋に敷くとどう印象が変わるのか是非ご想像してお楽しみくださいませ。


087.2018.jpg

087.2018.k.jpg
posted by MUNI | MUNI

カーペットとつくる、大人のインテリア➁

2018年10月24日

今回は、MUNIの代表的なデザインであります、蓮文様が描かれたDesign No.009シリーズを敷き比べ、“色違いのカーペットによるお部屋の雰囲気の変わり方”をご紹介致します。

No.009A
・三枚の中で一番モダンさを感じる009Aを、ヴィンテージの家具や板張りの壁のお部屋に設える事で、より格調高い雰囲気になっています。
・藍地とベージュの文様の色のコントラストが強い為、No.009B/009Gの中で一番華やかな印象に。

No.009B
・コルビジェのソファや壁や棚の茶色に、柔らかなベージュが馴染み伸びやかさを感じさせ、三枚の中で一番優しい雰囲気のお部屋に。
・柔らかな中にも、藍で描かれた蓮文様が繊細さとアクセントをお部屋に与えています。

No.009G
・No.009A/Bとは異なり、藍色の濃淡のみでデザインされた一枚。
色の強弱が弱い為、三枚の中で一番落ち着きを感じます。
・現代的なコルビジェのソファと、古い家具との関係を009Gが調和させ、さらに遊び心も感じさせてくれます。

いかがでしたか。
同じデザインを同じ空間に敷いていても、お色によってイメージは大きく変わります。
皆様のお部屋へどのようなお色のカーペットが合うか、楽しみながらお選び頂ければ幸いです。

写真
上 Design No.009A
中 Design No.009B
下 Design No.009G


C3A01333-8377-4F3A-93BE-BF2FFF891178.jpeg

E027D5C3-88E1-4284-8B12-491AB3D9C8E7.jpeg

BD9DCD5A-E3AB-4B6E-9E32-5C63E43560A4.jpeg

posted by MUNI | MUNI

カーペットとつくる、大人のインテリア@

2018年10月11日

今日の日本のインテリアにおいて、
まだまだカーペットは、どこか脇役的な立ち位置にあるようです。
しかし実は、床は空間の中でも視界を占める面積が広く、
インテリアのイメージを大きく決める、大切なところなのです。

カーペットのある空間と、ない空間。
一枚の上質なカーペットが空間に加われば、
魔法がかかったように、その場の空気感が変わります。

さらに、MUNIが厳選したプレミアムウール、
タンヤンの良さは、あたたかさだけではありません。
カシミアのように心地よい手触りと繊細な光沢は、
使いこんでいくことで、
より一層やわらかく、美しくなっていくことでしょう。

季節は徐々に冬に向かっていきますが、
是非、カーペットのある暮らしを楽しんでいただければ、幸いです。

t2.jpgt1.jpg
posted by MUNI | MUNI

Feast In Your Hands -手の中の祝祭-

2018年09月24日

8月の暑さが嘘の様に、次第に涼しくなってまいりました。
雨が降る毎に、季節が移り変わってきているような気がします。

さて、MUNI 倉敷ギャラリーで始まりました、インテリアスタイリストの守氏による展示、
“Feast in Your Hands”- 手の中の祝祭 - も四日目を迎えました。
連日沢山のお客様がご来店下さり、ご覧下さっております。

様々な色の組み合わせが特徴のil circoのアイテム。
お財布やカードケース、ハンドバッグなど、手に取る度、使う度に、
新鮮な色合いが気持ちを楽しくさせてくれるデザインです。
女性にはもちろん、いつもはシンプルがお好みの男性にも、
コインケースやクリップケースなどさりげないアクセントとして、お持ち頂きやすいのではと思います。

また、店内も展示に合わせ、
映画のセットの中の様な、
サーカスの舞台裏の様な、
カラフルで楽しい、いつものMUNIとは違った雰囲気になっております。

是非、歩くのが気持ちの良いこの季節、
皆様お誘い合わせの上、足をお運び下さいませ。
心よりお待ち致しております。


IMG_7277 s.jpg

IMG_7282 s.jpg
posted by MUNI | MUNI

夏を感じる

2018年08月27日

今年の夏は尋常じゃない暑さで、夏を嫌いになりそうですが、
夏らしい本が読みたいと思い、ある本を読んでいます。

それはレイ・ブラッドベリの「たんぽぽのお酒」という本です。

12歳の少年ダグラスの夏の思い出が綴られた美しい作品です。
一つ一つの出来事は大事件ではなく、
日常をとても素敵な表現で彩っています。

この本の中におばあちゃんが15年間敷きっぱなしのカーペットをみんなで掃除する話があります。
そこでダグラスの弟トムは手伝わず眺めています。
おばあちゃんが手伝うように言うと、トムは見ているのが面白いと言う。
「何が見えるんだい?」と尋ねると、
「15年の間にここを通った人の靴跡が全部見える」と答える。
それからは数多くある汚れをこれは誰がつけた染みとかを詰り合うのですが、おばあちゃんが忘れた出来事もカーペットが覚えているということだと感じました。

写真のカーペットはどこか夏を彷彿させます。

大きな絨毯を断ち切ったような斬新なデザイン、躍動感のある植物や蝶々が目を引きます。

そして色がベージュなので汚れを懸念されるお客様もいらっしゃいますが、汚れも家族の歴史だと考え、15年後には笑い話しになると思い、是非お好きな色のカーペットもお選びくださいませ。


2018.08.027.jpeg
posted by MUNI | MUNI

大切な方へ

2018年08月25日

例年にない暑さは体に堪えますが、
青い空と山の緑の稜線、鮮やかなサルスベリの花が通勤中の目を楽しませてくれています。

さて、お盆には帰省された方も多いのではないでしょうか。
私も先日帰省する事が出来たのですが、
久しぶりに帰った実家には、自身の大切な日に母親にプレゼントしたカーペットが敷かれておりました。
母親は、そのカーペットを見ると大切なその日を思い出す事、
日々の暮らしがより心地良くなったこと、
など、とても嬉しそうに話してくれました。

お客様の中にも、大切な日や記念日にムニのカーペットをプレゼントする方が多くいらっしゃいます。
気持ちが相手に伝わり、思い出と共にその方の人生にそっと寄り添ってくれるムニのカーペット。
是非、大切な方にプレゼントされてみてはいかがでしょうか。



IMG_7222 1.jpg
posted by MUNI | MUNI

MUNI BLUE のある暮らし

2018年08月01日

関西にお住いのU様は、色々と調度を組み合わせて楽しむことがとてもお好きな方。

日々の暮らしの中、空間と、そこに生まれる時間とを大切にしていらっしゃるご様子が、小さな遊び心の数々にうかがえます。

その中に、このMUNI BLUE のカーペットたちも仲間入りをさせていただきました。
「この上で過ごす時間がとても好き」と、なによりの一言をいただき、感謝と共に、ただただ嬉しい限りです。

夏こそ、この繊細でサラサラとしたカーペットから感じる寛ぎは、贅沢な時間となります。

飴色のベネチアンガラスのシャンデリアから生まれる灯りの元、お手紙を書いて、本を読み、お茶をいただいて、それから、それから、、、。
U様もきっと、迎える時と過ぎてゆく時を大切に、素敵な過ごし方を見つけていらっしゃることでしょう。



u-1-s.jpg

u-3-s.jpg
posted by MUNI | MUNI

疲れた心に

2018年07月26日

全国的に例年にない暑い日が続いている今年の夏。
最近は、蝉の大合唱で目を覚ます毎日です。

さて、明日7月27日は「スイカの日」だそうです。
夏の代表的な果物。
水分を多く含み、体を潤わせてくれるスイカ。
今回は、そんなスイカの様に、暑さに疲れた心に潤いや元気を与えてくれるようなデザインのカーペットをご紹介致します。

こちらのお写真は、DesignNo.051の蓮と唐草の描かれたカーペットです。
とても華やかで上品、また、エネルギーを感じるお色ですが、リラックスもできる一枚です。

夏はさらりと肌触りの良いMUNIのカーペット。
ウールの気持ち良さを肌で感じ、MUNIならではの美しいデザインで、心を潤わせてはいかがでしょうか。

Design No.051
Size :137 x 198 cm
Price:\1,684,800- (tax in)

IMG_7205 2.jpg
IMG_7207-2.jpg
posted by MUNI | MUNI

MUNI CARPETSより

2018年07月14日

この度の豪雨で被害にあわれました方々には、心からのお見舞いを申し上げます。
また、MUNI倉敷ギャラリーへご心配のお声をくださいました方々へ、心より御礼を申し上げます。

MUNI 倉敷ギャラリー がございます倉敷美観地区は、幸い難を逃れ、どこのお店も変わらずに営業いたしております。

お時間がございましたら、倉敷美観地区へ足を延ばしていただけますと幸いにございます。




kurashiki 1.jpg

kurashiki 3.jpg

20180714_133025.jpg
posted by MUNI | MUNI

日常を彩るもの

2018年06月21日

本日は夏の様な日差しの一日でしたが、
昨日は倉敷も梅雨らしい一日でした。
雨の日には、あちこちに咲いた色とりどりの紫陽花に雫が滴り、可愛らしく揺れております。

そんな梅雨空の先日、閉店後にお店から出ると、雨上がりの空に綺麗なアーチを描いた大きな虹が出ていました。
それは本当にお手本の様に美しい虹で、道を歩く人や仕事中の人、家の中から出てきて見ている人、沢山の人がその時間同じ方向を向き、虹を眺めていました。

その時ふと、MUNIの絨毯も、この虹と同じ様なものかもしれないなぁ、
と、一人考えてしまいました。

日々の生活の中にある美しいもの
ふとした時に心を動かされるもの
なくても困らないけれど、あるととても嬉しいもの


今回のお写真の絨毯は、蓮の花が描かれたとても華やかな一枚です。
雨の日にも、お部屋も心も明るく心地良くしてくれるデザインです。

是非、MUNI CARPETSにて、虹の様に日常を彩る一枚を見つけてみて下さい。


IMG_7153-A.jpg
posted by MUNI | MUNI

「音楽とMUNI CARPETS」

2018年06月06日

最近、Muniのカーペットをオーディオプレイヤーの前に移動してきたのですが、
自然とカーペットに合う音楽を探していることに気付き、驚きました。
以前はインテリアに左右されることなく、ただ気分に合った音楽を聴いていました。
カーペットを敷くことで、音楽を選ぶ要素に幅が広がるなんて思いもよらず、とても嬉しくなりました。

私の使っているWhite & Blueのデザインには音数が少ないメロウな曲が会う気がしていて、
ストリングスや金管のバランスが良いRhyeや、Daughterはロックバンドですが、写真のEPはとても幻想的なギターソロが心地よく、素晴らしいです。
ポストロックのThe Sea And Cakeはインストの曲が複数あり、その余白が意識をはっとさせ、カーペットを見る余裕を与えてくれ、さらに心が落ち着きます。


inoue.2018.6.6.jpeg
posted by MUNI | MUNI

MUNI BLUE Vol.4

2018年05月24日

倉敷のギャラリーで開催しております、
「MUNI BLUE展」も中盤を迎えております。
連日沢山のお客様がご来店下さり、お店も賑わっております。

「BLUE」といっても色々・・・
本日は藍で染め上げた絨毯の中でも、こんな一枚をご紹介いたします。

こちらはDesign No.052(807) 無地の美しい水色の絨毯です。

春になり溶けだした雪解け水のような、
透明な五月の風に溶けてしまいそうな、
木々の間から見える、晴れ渡る夏の空のような、
見る度、触れる度、新鮮な気持ちになる美しいお色です。

これから訪れる暑い夏に、涼しげなMUNI BLUEを敷かれてみては如何でしょうか。

こんなに沢山のMUNIのBLUEをご覧いただける機会はなかなかございませんので、
上手になった鶯の鳴き声を聞きながら、是非足をお運び下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


IMG_6970 blue.jpg

IMG_6971 blue.jpg
posted by MUNI | MUNI

Vintage Muni Carpets

2018年04月28日

閉店後、
ごく僅かな光に照らされたカーペットの表情が美しく、思わず写真を撮りました。

藍濃淡の市松文様の一枚はお店で何年も使用しているものです。
経年変化が美しく、またこの一枚にしかない表情を見せてくれています。

Vintageと言うほどの年月は経ってないのですが、お店での使用でここまで育つということは一般家庭であればさらに表情は増していくはずです。

それぞれのご家族の歴史や風景を刻むように深まり、表情豊かになるカーペットを是非皆様にお楽しみいただきたいです。

2018.4.28.jpeg
posted by MUNI | MUNI

自由な発想で…

2018年04月13日

タペストリーとしてお求めくださった瑞雲文様のラグ。
てっきり壁に掛けられるのだと思いきや、
A様は想像とは違う斬新で素敵な設えをされていらっしゃいました。

実は、いざ掛けようとされたところ、壁に穴が空けられず、閃かれたのがお写真のように額にラグを立て掛けるスタイルだそう。
前に垂れ下がったラグが壁とチェストを立体的に繋ぎ、
コーナー全体が一層魅力的に演出されています。

「これはこう」という決まりきった使い方はなく、
自由な発想で楽しんで良いのだと改めて気付かせて頂きました。
特に小さなラグは、「アートピース」を設えるイメージで、
お部屋の床にも、壁にも、あらゆる場所に持ち運んで
コーディネートして頂きやすいアイテムです。
是非皆様も、自由に設えを楽しんでみてくださいませ。

04.13.jpg
posted by MUNI | MUNI

愛猫とのおだやかな時間

2018年04月07日

思わず頬の緩む、愛くるしいお写真を頂きました。
カーペットの上にて“MUNIリボン”で遊ぶ可愛い仔猫。
名前は「チーくん」。
野良ちゃんを拾われたそうで、
最初は「ドブネズミ」の様だったとの事。
今では毛並みも美しく、甘えきった様な可愛らしい仕草から、
I様に大切にされているのが伝わってきます。

多くのお客様が愛猫や愛犬とMUNIをお使いくださっています。
皆様よく仰ってくださるのが、愛猫、愛犬が「MUNIの上にしか行かない」との事。
動物は気持ちの良さに正直なのでしょうか。
チーくんも、心地良く感じてくれていると嬉しいです。
これからも、I様とチーくんの時間がおだやかに重ねられてゆきます様願っています。

35x35 124Bと猫.jpg
55x75 009Aと猫.jpg
posted by MUNI | MUNI

個性が光るmy特等席

2018年04月02日

チークとグレーのファブリックがシックな北欧チェアに、
東洋のクラシカルながらも遊び心のある博古文様のラグ、クッションのコーディネート。
意外性があり、新鮮ながらも上品に馴染んでおり、K様の個性が光ります。
居心地の良さそうな、パーソナルな空間。
猫ちゃんと、チェアに座って寛ぐK様の姿を想像してしまいます…

博古文様とは、かつて宮中に仕えていた文人が、蒐集し愛でていた筆差しや青銅器、花器等の骨董品が描かれたものです。
多くの宝を所有することで幸運を呼ぶという意味が込められており、日本でも「宝尽くし」と呼ばれ親しまれています。
K様の暮らしにも多くの幸運を呼びます様願っております。

04.02.jpg
posted by MUNI | MUNI

三閑人

2018年03月11日

とても可愛い萩焼の三閑人。
三人形、三漢人、三唐人、とも。

お茶道具の蓋置ともしらず、可愛くて面白くて手に取りました。
「三閑人、というのよ」とその作家さんの奥様が教えてくれました。

忙しい日常のなかで、決して必要ではないのだけど、
お茶を嗜むわけでもないけれど、
無ければとてもさみしいもの。
あればとても嬉しいもの。
こういったものが豊かな気持ちと時間をくれるのかな、と思います。

下に敷いた藍染の梅の小紋ともとてもよく合って。
穏やかな春、梅も花盛り。

三閑人のように、心地よい敷物の上で、ゆったりとした時間を過ごしてはいかがでしょう。




sankanjin.jpg
posted by MUNI | MUNI

春の特別プラン‘36回無金利フェア―’ Vol.4

2018年02月18日

2018春の特別フェアーも、残すところあと2日となりました。

さて、本日のご紹介は、MUNI が長い年月をかけてブラッシュアップさせてきたアイコン的存在で、多くの方から愛されている蓮花文様のカーペットです。

蓮の花をミニマルにシェイプした MUNI 独特のエレガントでモダンな蓮の団花文を、敢えて青みを抑えたグレイシュな藍の上に、クリーミーなテラコッタ色で織り上げた、大変美しく、空間に広がりを感じる1枚です。
使い込むほどに、より美しくたおやかに育ち、共に暮らす年月を豊かに見守ってゆきます。

あなたにとっての「この1枚」を、是非お選びくださいませ。

皆様のご来店を心からお待ちいたしております。

Size………… 137 x 198 cm
Design No.… 009E
Price…………¥837,000 –
・初回…………¥25,000-
・2回目以降…¥23,200-/月

201802182.jpg
20180218.jpg
posted by MUNI | MUNI

春の特別プラン‘36回無金利フェア―’ Vol.3

2018年02月14日

本日のご紹介は、藍のモノトーンで美しく織り上げたこの1枚。
複雑な唐草文様にシャープなボーダーを組み合わせることで、このカーペットの持つ格調高い美しさが引き立てられ、ひと際モダンに、魅力的に見せてくれます。

大きさは少々広めの3畳サイズ。
唐草文様の伸びやかさを余すところなく描き、静かな力強さをもって、設えた空間を引き立てて行きます。

「憧れの」と多くの方が見つめるこのデザインを、この機会にぜひ設えてください。


Size………… 183 x 274 cm
Design No.… 087A
Price…………¥2,352,240 –
・初回…………¥66,740-
・2回目以降…¥65,300-/月

20180214.jpg

201802142.jpg
posted by MUNI | MUNI