魚文皿

2015年09月23日

MUNIで使われているインテリアや食器類はすべて、オーナーが厳選を重ねて選び抜いたもの。
お客様からも、「これはどこの?」とよくご質問を頂きます。

数ある中で、スタッフのお気に入りがこれです。

気負いのない、無造作な筆致が、
逆に二匹の魚の躍動感をよりよく映しているかのよう。

グレーの釉薬に地の赤土が透けて、青い染付との対比が美しい。

こちらはオーナーが台北に住んでいたときに求めたもので、
清朝の頃の作で、南方の雑器だそうです。

お店のどこかにありますので、是非注目してみてください。




IMG_0511.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

カーペット入荷のご案内

2015年09月22日

どこかユーモラスな印象が漂う、人気の博古文様。
久しぶりに、61x122cmのサイズが入荷してまいりました。

【博古文様とは?】
明の時代の人々は、衣服や家具調度品などに、八宝=c八種の宝物と呼ばれる古風な象徴物をあしらって室内を設えるのを好みました。多くの宝を所有する事で、幸せを呼ぶと信じられていました。
今回のカーペットに描かれているのは、右上から時計回りに、花かご、本箱、家鴨の形の酒器、軍配、花器、香炉、青銅器、筆立てです。

Design No.073B
Price ¥312,120(税込)
Size 61x122cm




L1001837.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

クロワッサンで朝食を(2012年・仏)

2015年09月21日

「死刑台のエレベーター」で知られるジャンヌ・モローが、御年85歳にて主演。
 エッフェル塔にセーヌ川、街中のカフェ。95分で、ぎゅっと凝縮されたパリの一角の風景を垣間見ることができます。

 モローは、パリの豪華なアパルトマンに住む、裕福だけれど孤独な老婦人フリーダを演じています。
 もう一人の主人公、家政婦アンヌと交流していく中で、威圧的で強張った顔が徐々に和らいでゆき…最後に浮かべる笑顔は、何ともチャーミング。
 淡々と物語は進みますが、鑑賞後はしっとりと胸が温かくなっていました。

 モロー自前のシャネルファッションもさることながら、この映画は、インテリアも大きな見どころのひとつです。

 高い天井に白い壁、大きな窓の明るい客間には、生前のシャネルが使っていたというコロマンデル屏風や、手縫いのイヴ・サンローランのカーテンが設えられています。
 
 そこでカーペット屋さんが気になるところと言えば、やはり足もと。
 部屋の中央の大きなソファの下には、シャネルが収集していたクラシカルチャイニーズラグを彷彿させる、ペールトーンのベージュ地に青花模様の大きなカーペットが敷かれていました。

 写真集でしか見たことのなかった、シャネルの息遣いを感じるインテリアコーディネート。
 
 印刷物を眺めるだけではわからなかったリアリティが、
映画で、実際にその上で動く人物たちを見て、ようやく感じ取れた気がします。
 
 
 個人的に大収穫の映画鑑賞となりました。



film_vorschau.jpg

040C 4.5x6.5up.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

万年筆

2015年09月20日

MUNIでは、お客様にお手紙を差し上げる時に、
万年筆を使ってお書きします。

元々手紙を書くのは好きな方だったのですが、
入社して初めて万年筆に触れ、
書くのがますます楽しくなりました。

ボールペンとは違う硬質な書き味に、
紙にインクが染み込んでいく様子が
何とも気持ちがいいのです。

それに、一字一字気持ちを込めて書くようになりました。

続けていけば、今よりきれいな字が書けるようになるかしら…
なんて、淡い期待を寄せています。


写真 (1).JPG
posted by MUNI | AOYAMA

自分の色をつくる

2015年09月19日

MUNI CARPETSが掲載されている
I’m home 11月号“アンティーク&ヴィンテージのある暮らし”

今回も興味深いのが、エディトリアルディレクター・角田さんの
淡々とつづった“From Editor”の記事です。
たくさんの取材を重ね、経験、知識も豊富な角田さんが語る
ライフスタイルの「今」が感じられます。
今号は、自分だけの色(世界)をつくるストーリーが語られています。

南青山本店、倉敷店でもご覧いただけますので、
ご来店の際はお手に取ってみてください。


I'm home Sep.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

憧れの暮らし

2015年09月17日

まるでインテリア雑誌の一ページのよう。

こだわりぬいたインテリアの数々。
その一つ一つが力強く響きあっているこの空間にしつらえる
カーペットをお探しの中、ご来店くださいました。

お選びいただいたのは、
アルコランプとのコントラストも大変美しい一枚。
メリハリのある配色で空間全体の空気感を程よく引き締めながらも、動きを出して広がりまでも与えてくれます。

K様こだわりのお部屋に仲間入りさせていただけたこの幸せな一枚が、朝夕、春夏秋冬 表情を変え、日々の暮らしの中で輝きを増してゆくことを想像するとワクワクしてなりません。

「気に入ったモノに囲まれた、心からくつろげる時間のある暮らし」への憧れが、以前にも増して強くなりました。

MUNI CARPETのある暮らしが、かけがえのないものと
なりますよう、心より願っております。



201509diary.jpg

posted by MUNI | AOYAMA

恋し青空

2015年09月14日


最近、青山店では、店内の設えが秋の装いに変わりましたので、
ご紹介させていただきます。

爽やかな秋晴れを思わせるブルーのカーペットの上に、
ゴールドベージュの草龍文のスモールカーペットを置いて。
さらに、明の時代の文人たちが愛した
博古文様のクッションで遊び心をプラス。

銀杏の葉のような、黄味がかったベージュとブルーが、
相乗効果でお互いの美しさを引き立てます。

数日後にはまた雨の予報。
澄んだ青空が恋しいこの頃です。
実り豊かな秋が、早く訪れますように…




diary0914.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

靴磨きのときに

2015年09月13日

革靴が好き。 靴磨きもまた、好き。

ほこりを払ったら、クリームを薄く伸ばし、ひたすらブラッシング。
最後はワックスで艶を出して、フィニッシュ!
クリームが入ると革が次第に活き活きしてきて、お気に入りの靴がますます可愛くなってゆきます。
ただ、難点なのが、うちの玄関が北向きだということ。
今の季節はまだ我慢できるけれど、冬は床の冷気がお尻からしんみりと伝わってきて、
終わりごろには全身凍えてしまっていることもしばしば。
ちょっとした悩みでした。

 そんな時、玄関にmuniのカーペットがあれば大活躍。
ハンドスパンで紡いだこしのあるパイルがしっかりとお尻を支えてくれますし、上質なウールが寒さから守ってくれます。
Muniのお玄関敷がなくとも、いつもは椅子の上で頑張ってくれているチェアラグに出張してもらうのも、一案ですね。

 お気に入りのmuniと、お気に入りの靴。

数は多く持てなくても、少しずつ心を掛けられるものを集めていって、大事に、永く使ってゆけたら…というのが、最近の私のひそかな目標です。

(カーペットを汚れた手で触らないようにだけ、くれぐれもご注意を!)



写真.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

旅のランドスケープ

2015年09月09日

初めてのひとり旅。

札幌市東区の郊外に広がる公園「モエレ沼公園」に
行ってきました。
シンプルな紙細工の照明器具などでも知られる世界的彫刻家、
イサム・ノグチが手がけ、「全体をひとつの彫刻作品とする」という
コンセプトのもとに造形された公園です。

muni.JPG
2005年にグランドオープンしてから今年で10年の時が経ちますが、
彼はその17年前、モエレ沼公園の模型を完成させた直後に
「あとはよろしく」
と言い遺し永眠されたそうです。
彼の遺した、壮大なスケールの彫刻作品の中に迷い込んだような不思議な感覚、広い大地、ただ目の前にある山に登り、何も考えることなく空を眺め、景色を見渡し、風を感じる。
そんな贅沢な時間。

公園のシンボルでもあるガラスのピラミッド「HIDAMARI」には、
自然のサイクルを利用した冷暖房装置が備わっており、園内の
芝生には農薬を使っていません。
子供も大人も四季を通して楽しむことのできる、
夢のような公園です。
北海道へ行かれる際は、ぜひ足をのばしてこの贅沢を体感していただきたいです。

モエレ沼公園
http://moerenumapark.jp


munii.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

空飛ぶ吉祥文

2015年08月27日

いろいろなところで目にする吉祥文。
先日、素敵な雲鶴文(うんかくもん)に出会いました。
こころざし高く雲の中を飛ぶ鶴は、高く抜きんでた人格の
たとえとされてきました。
日本では、10世紀初めには、用いられていたと伝わっています。

写真上:空港で見たショーウィンドウの鶴と雲

写真下:MUNI CARPETS
Imperial- No.116
Size:122x213cm


diary1.JPG
 
diary3.jpg








posted by MUNI | AOYAMA

「恋人たちの食卓」

2015年08月13日

お休みの前、近所のレンタルビデオ屋さんで、映画を一本借りるのが楽しみになっています。
最近観たのは、「ライフ・オブ・パイ」等で知られる、アカデミー賞監督アン・リーによる「恋人たちの食卓」(1994年・台湾)です。

舞台は、台湾台北市。妻を早く亡くした一流ホテル料理長の男と、彼の年若き三人の娘たちを中心にした人間模様を描き上げます。
誰かと一緒にご飯を食べたり、お茶を飲んだりして語り合うことは、時には煩わしさもあるけれども、人生のかけがえのない一部なのだということを感じさせてくれる物語です。

 なお、この映画には重要な小道具として、MUNIでも最近ご紹介している、高山茶が登場します。
 友人を亡くして落ち込んでいる父親に、折り合いの悪かった次女が、父の好きな高山茶を淹れて慰めるシーンや、若い友人たちが衝突の末に高山茶を一緒に飲んで微笑みあうシーンなど…。
緊張をほぐし、心を開いて相手と向き合いたいときに、高山茶の花のような香りと甘さが、ほどよく手助けしてくれるのでしょう。

冒頭の調理シーンにわくわくしている内に自然と物語に引き込まれてしまいますし、ラストはアッと驚いて微笑んでしまうような展開もあります。
お家でくつろいで観るのにぴったりの内容ですので、よろしければ是非ご覧になってみてください。
20150813.jpg

posted by MUNI | AOYAMA

Blue Cushions

2015年05月17日

2年前からMUNI CARPETSをご愛用くださっているK様ご夫妻。
ご夫婦ともに藍色がお好きでMUNI Blueを中心にお使いくださっています。

ご夫妻から「MUNI コレクションが増えて嬉しい」とお喜びいただき、
お写真を頂戴いたしました。
最初にお求めいただいたブルーのチェアラグを大変気に入ってくださっていて、
今回のクッション選びでも迷わず同じデザインをお選びくださいました。
(ソファの上にクッション、奥のダイニングチェアにチェアラグをおいて)

また、青山店にご来店の際には、MUNI CARPETSのメイキング映像を
ご覧いただき、どのように藍色の糸が染められ、カーペットが
完成していくのか、MUNI Blueの誕生を身近に感じていただける
機会でした。

K様ご夫妻とMUNIとの出会いから、すでに2年。
カーペットの表情も2年前よりも味わいのあるしなやかなものに
なっていることと思います。
ますます手放せないカーペットになっていくことを願っております。


MUNI CARPETS
左: Design No.006A クッション35x35cm
右: Design No.009B クッション35x35cm



home K.K1.jpg

home K.K2.jpg




posted by MUNI | AOYAMA

H邸

2015年05月01日

インテリアに造詣の深いH様。
直線的なフォルムが美しいソファ「ユトレヒト」に
松の木をデザインしたラグを合わせてお使いくださっています。
オリエンタルでありながら、北欧的イメージを感じるデザインを
気に入ってくださったそうです。

配色にも美しさを感じるくつろぎの空間です。


〜MUNI CARPETS〜
Design No.066B
松の木:生命力ある松の木は、長寿を願い用いられてきた文様。

〜ユトレヒト〜
1935年、オランダの老舗デパート“メッツ”が、
建築家ヘーリット・トーマス・リートフェルトに依頼をして誕生した名品。


ユトレヒトdiary.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

クリーニング

2014年08月11日

今年も、MUNI CARPETSをご購入頂き10年が経過したお客様に
クリーニングのご案内をさせて頂いております。
MUNIでは提携のクリーニング業者にてMUNI仕様による特別なクリーニングをして頂いています。
MUNIのカーペットは繊維の細いデリケートなウールを使用している上、天然染料で染色しているので、クリーニングも専門の知識が必要になります。

diary01s.jpg


先日お預かりしたベージュ&ブルーのラグ、14年お使い頂いており、この度初クリーニングをさせて頂きました。
コンディションは全体的なよごれと、シミが数カ所ありましたがとても大切にお使い頂いていることが一目で分かります。

戻ってきたラグを見ると、所々のシミはすっかり薄くなり、全体的にとても綺麗になりました。
そして何より光沢が増し、手触りがとてもソフトで滑らかになり、新品の時には味わえない、使い込んだ美しさが現れています。
お客様のラグへの思いが現れているようで、本当に有り難く存じます。
またこれから先も、末永くご愛用頂けましたら幸甚です。





diary02s.jpg
diary03s.jpg

posted by MUNI | AOYAMA

大切なものが集まる空間

2014年07月07日



お玄関正面に飾られているのは、S様ご夫妻が大切にされている

ホノルル美術館の作品ポスター。

昔の中国の人々が描かれた作品に相応しいカーペットを

お探しのところMUNIとの出会いがあったそうです。


カーペットの蝶と牡丹の意匠は、景徳鎮窯の青花をはじめ、

多くの工芸品に用いられてきました。

清潔感のある真っ白な空間にクラシカルなしつらえが

美しく映えています。


1.jpg

 

「MUNI CARPETSを初めて見たときから、

どこかで出逢ったことがあるような気がする」と、

その時大変感動されたことをS様がお話しくださいました。

S様ご夫妻のこれからの暮らしにMUNI CARPETSが

かけがえのないものになっていくことを

心より願っております。


2.jpg

 

3.jpg




posted by MUNI | AOYAMA

“アートのある暮らし”展 vol.3

2014年06月22日

今日は、久しぶりの雨模様ですが、
梅雨の季節らしくなく過ごしやすい気候です。

南青山本店でのイベント“アートのある暮らし”展も
あと2日となりました。
毎日見ていると、今まで気づかなかった魅力に
改めて感じています。

すでにお求めいただいた作品が数点あるので、
この後巡回するMUNI cushionsでの会期には
新たなデザインをご用意する予定です。

お時間ございましたら、ぜひともお出かけください。
ご来店心よりお待ちしております。



diary.jpg

posted by MUNI | AOYAMA

“アートのある暮らし”展 vol.2

2014年06月15日

イベントが始まり、3日目を迎えました。
本日は、作品の中からご紹介させていただきます。

最近、注目が高い「雲」をデザインした作品です。
空高く、フワフワと浮かぶ雲が連なるさまは、
喜びごとを運んでいるかのようです。

実際に、この雲は「瑞雲」(ずいうん)という
喜びごとがある時に現れるおめでたい雲の意匠です。

飾って、見て楽しみながら、心が温かくなる作品です。


diary2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

“アートのある暮らし”展 vol.1

2014年06月08日





25周年イベント“アートのある暮らし”が、
金曜日から始まります。
いよいよ作品20点が揃いました!

今回、バック地から中に入っている作品まで、
すべてオーナーによるセレクションです。
人気のデザインもご用意しておりますので、
ぜひともお出かけください。
ご来店心よりお待ちしております。


event vol.1.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

MUNIクッション “Hundred antiques”series

2013年10月10日

朝夕は過ごしやすく、家でゆっくりもいい季節です。
今日は、青山店に入ってきたクッションのご紹介です。

博古文シリーズの一つ“銅鑼”をデザインしたクッションです。
仏教音楽・声明や、歌舞伎などで用いられる楽器です。
おなかに響くゴ〜ンという音を聞くと、なぜか安心します。
そういえば、18代目中村勘三郎さんは、銅鑼を鳴らして
自分の帰宅を告げていたそうです。

このほかに、酒器、花器、筆立てなど愛嬌のあるデザインが
そろっています。
飾る場所に応じて、モチーフを選ぶのも楽しいですね。
色は、ベージュとブルーの2種類ご用意しています。

ご来店の際には、手に取ってご覧ください。
お待ちしております。


Design No.073A-8
Size 35x35cm
Price40,950円


The hundred antiques cushion.JPG






posted by MUNI | AOYAMA

Aoyama Gallery

2013年10月03日

昨日は、伊勢神宮の式年遷宮もあり、新たな時間を刻む歴史的な一日でした。

本日の東京はすがすがしい秋空で、心地の良い一日です。
そんな気持ちを表すかのようにウィンドウにベージュ&ブルーのカーペットをいれています。
中には、牡丹と蝶の意匠が織られています。

幼虫から蛹、そして美しい羽を持ち羽ばたく蝶は、“復活、再生、rebirth”の意味を持っています。
蝶のように自分の人生も美しくありたいと願う気持ちを、カーペットを通して表現するのも素敵なメッセージだと改めて感じる一枚です。

日ごろから触れているカーペットでも、季節や自分の身の回りに合わせてカーペットを見ると、新たなものが感じられます。
お誕生日、ご結婚などの記念にカーペットをお求めくださる機会がございますが、その記念にあわせて意匠をお選びいただく楽しみもございます。
そういう選び方もストーリーがあって、心が温まります。
末永くご愛用いただくものだからこそ、私たちスタッフもお手伝いさせていただきたいと思っております。

ぜひともお気軽にお尋ねください。


Aoyama G.JPG
posted by MUNI | AOYAMA