使っていなかった和室を、もう一度

2019年07月29日

1780年代に建てられた、歴史ある日本家屋をリフォームされ、
今は奥様とふたり住まいをされているO様。
ずっと使っていなかったという下座敷をもう一度活きたお部屋にするため、昔ながらの畳の上にじかに座るスタイルではなく、洋間づかいでのインテリアにされることになりました。
蔵で眠っていた思い出の年代物のダイニングセットを修理して使われることになり、和室のイメージを変えることと、家具の重みから畳を守る為に、カーペットをご検討になられました。

そこで、奥様からMUNIにご連絡を頂きました。

元々カーペットは、椅子を引いた時など、畳や床材を保護する役割を果たします。
加えて、弾力のある手紡ぎ糸で織った手織のウールラグは、
重たい家具を載せたあとでも時間が経てば毛足が立ち上がってくるため、大変実用的です。

お勧めのデザインをご提案させていただく中で、
おふたりで選ばれたのは、和室の品格を損なわないエレガントなロータスモチーフのデザイン。
爽やかなホワイト&ブルーが、重厚感のある空間に明るさと、軽快なモダンさをもたらしています。
上質なウールとの質感のコントラストで、紫檀の家具も美しく引き立ち、眠っていたお部屋が再び生き生きと表情を持ち始めました。


後日談で、感想をお伺いすると、
新しく照明をご購入されるなどお部屋作りを楽しまれているそうで、
私もとても嬉しくなりました。
いつかまたお話をお伺いできる日を、楽しみにしています。


折井様A.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

七夕の日の出逢い

2019年07月14日

美術館帰りに偶然MUNIにお立ち寄りくださったI様。
お玄関敷きをながらく探されていたとのこと。MUNIへは初めてのご来店でしたが、すぐにお気に召し、「出逢いだわ」と仰ってくださいました。

古都・鎌倉と湘南の海にほど近い高台に建つI様邸は、すうっと風が抜けわたり、ヒュルルル〜というとんびの鳴き声がBGM。
ご自宅で茶道を教えていらっしゃるI様は、いつもきりりとしたお着物姿で生徒さん達を迎えます。

玄関を入ると、気持ちよく清められた畳に、心尽くしの花や軸がしつらえられた床。非日常の空間が広がります。

日常と、非日常の結界の役割に相応しい、明るい色目の藍濃淡のラグ。お稽古を終えた生徒さんたちは、来たときよりも清々しい表情になって帰路につきます。

今年の七夕は催涙雨。牽牛と織姫は残念ながら再会が叶いませんでしたが、I様にとって、そして、スタッフFにとって特別な出逢いの日となりました。


【SNS用】009H_20190712_Imade-sama1_trimming.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

今日のMUNI南青山本店

2019年07月07日


本日は七夕ですが、梅雨らしい雨の一日。
湿度はありますが、どこかひやっとするような梅雨寒の気温です。
しとしと降る雨の中、
外苑西通りに面しているディスプレイのブルーラグが、
より一層瑞々しく見えます。
今日のお天気を反映してか、ラグ全体の色が、
どことなくしっとりと潤いを含んだような印象です。
(実際に触れると、通気性のいいプレミアムウールならではの、
さらっとした感触なのですが…)
 
一年を通じて様々に変わる天然藍の表情。
是非ご覧ください。



L1004760 (2).JPG
posted by MUNI | AOYAMA

数寄屋造りのエントランスに

2019年06月23日

最近MUNIをお知り下さったA様。
別荘のお玄関用に一目惚れしてくださっていた
印象的な龍の意匠の、大黄色のカーペットをお求め頂きました。

数寄屋造りのクラシックな趣のエントランス。
カーペットの濃藍の龍のメダリオンが、モダン且つ鮮烈な印象を与えています。
この龍の意匠は“草龍文”と呼ばれ、中国殷・周の時代の青銅器に
描かれたモチーフが元となっています。
明代以降、テキスタイルや陶磁器などの様々な工芸品に用いられました。
また、地色のゴールドカラーは、陰陽五行において「万物の中心」を表します。
在りし日において、その色彩で染められた衣服は、
皇帝のみが着用できたという、大変高貴な色でもありました。
長い歴史を経て蘇った洗練のデザインを、
天然染料の色の美しさと共にお楽しみいただける一枚です。

使い込むごとにウールの光沢が増し、
味わい深い表情がカーペット全体に生まれてくることでしょう。
末永くお楽しみいただけますよう、心より願っております。


荒井様ダイアリー.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance 閉幕

2019年05月29日

先日の月曜日をもって、
特別展示”Time for Elegance 優雅に過ごす時間“が
終了いたしました。
たくさんのお客様にご来店頂きましたこと、
心より御礼を申し上げます。

パーソナルチェアとラグの組み合わせで、
お家の中にもうひとつの、特別な居場所が出来る。
デザインのチョイスによって、
くつろぎのスペースのイメージもまた、思いのままに変化します。
私自身、この展示を通して、
日々新鮮な発見をさせていただきました。

展示は終了いたしましたが、
お家の中に、くつろぎの空間をご検討のかたは、
是非スタッフにご相談ください。
カーペットを通じて、皆様の暮らしの中に
優雅にほっとできる時間を提供することが出来ましたら、
大変嬉しく思います。


IMG_1613.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance vol.9

2019年05月27日

オフィスなどのお仕事をされているスペースに「Time for Elegance」から
少し気分を変えてくれるコーディネートをご紹介いたします。

集中してお仕事をされてる場所に、お気に入りのパーソナルチェアとMUNIのラグを敷くことで、上質なブレイクタイムのスペースを演出することができます。
上質なウールが足元から身体を癒し、自然染料で染め上げられた優しい色合いがほっとひと息つける癒しの時間へと誘います。

本日、企画展「Time for Elegance 優雅に過ごす時間」の最終日となります。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

MUNI CARPETS
Size.91x183cm,Design No.050C
Price.\550,800(in tax)

Chair : EGG エッグチェア Arne Jacobsen
   (DANSK MOBEL GALLERY Tel:03-6263-0675)
https://www.republicstore-keizo.com/dmg/


20190527.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance Vol.8

2019年05月26日

今回は、窓辺からの眺めを楽しむ時間のご提案です。

個性のまったく異なる2脚のパーソナルチェアに、
MUNIの中でも最上の位置づけである、
インペリアルラインシリーズのラグを合わせました。

アースカラーの椅子に対して、
ラグは、華やかなゴールドとブルーのカラーリング。
差し色のホワイトが、さらに視線をグッと引き込みます。
細かな萬字の地文様に織り込まれたモチーフは、
永遠を表す“エターナル・ノット”。
往時のクラシカルチャイニーズラグの姿を今に伝える、
気品あふれる一枚です。

ボリューム感のある椅子を並べているからこそ、
ラグは繊細な意匠のものを選ぶことで、
お部屋の雰囲気が一段と芳しく、洗練された印象になります。

いよいよあすは、展示の最終日です。
まだ未見のかたは、この機会に是非、お越しください。
皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

MUNI CARPETS
Size.91x152cm,Design No.023
Price➩Please contact us.

Chair : EGG エッグチェア Arne Jacobsen
   (DANSK MOBEL GALLERY Tel:03-6263-0675)
   


20190526.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance Vol.7

2019年05月25日

本日は、書棚の前で
ゆったりと本を眺めながらくつろぐ時間のための
スタイリングのご提案です。

新しいものと、古いもの。西洋のものと、東洋のもの。
それぞれの良さを理解しながら、
同じ空間に質感やテイストの異なるモノたちを組み合わせるのは、
洗練された知的な愉しみのひとつ。
中国のアンティークのシェルフの前に置かれた、
ミッドセンチュリーの名作・PK24。
ナチュラルな籐の座面のエッジに光る
ステンレスの留め金が、心憎いアクセントです。
足下に、オリエンタルな意匠の濃藍のラグを敷き込むことで、
知的で凛とした佇まいのムードが、より際立ちます。

MUNI CARPTES
Size.137x198cm,Design No.112(856)
Price.\842,400(in tax)

Chair:PK24 Poul Kjaeholm
DANSK MOBEL GALLERY (Tel:03-6263-0675)
https://www.republicstore-keizo.com/dmg/



2019.5.25-2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance Vol.5

2019年05月23日

本日は、コンパクトな一人掛けのPK22と、
MUNI CARPETSのスタイリングのご案内です。

しっとりとしたブラウンのレザーのチェアに、
同系色のベージュベースのラグ。
椅子のサイズ感に合わせ、ラグもコンパクトな91x152cmサイズを合わせました。
連続するロータスモチーフは、黒に限りなく近い、深い藍の色。
ダークトーンのレザーとラグの藍色が空間全体を引き締め、
モダンで、落ち着きのあるシックな雰囲気を醸し出しています。

重心の低いチェアに腰かけるとき、
座るひとの視線は自然と、足下のラグへ動きます。
素足で感じる柔らかなウールのタッチと、天然染料の繊細で美しい色合いは、くつろぎのひと時をより一層満足度の高いものにしてくれることでしょう。

MUNI CARPETS
Size.91x152cm,Design No.009B
Price.\421,200(in tax)

Chair:PK22 Poul Kjaeholm
DANSK MOBEL GALLERY (Tel:03-6263-0675)
https://www.republicstore-keizo.com/dmg/


internal.e800265ede75304c6a491219c797a7de.L1004679.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance Vol.4

2019年05月22日

本日はポール・ケアホルムによるPK24と、MUNICARPETSの
組み合わせをご紹介いたします。

無駄のない研ぎ澄まされたデザイン。藤で編んだシートが
有機的で親しみやすさも感じられるPK24。
足元には藍色の濃淡で梅文様を織り上げたNo.005。
メッキと藤のコンビネーションの家具をくっきり浮かび上がらせる
藍の色で、とても清潔で清々しさを感じるコーナーが出来上がりました。
こちらのミディアムサイズのラグは138x198cm。
ソファー前はもちろん、このようにパーソナルなチェアに合わせていただいてもぴったりです。
このようにミディアムサイズのラグは用途も様々。お手軽にお部屋の模様替えやコーナーの雰囲気作りにお使いいただけます。
また、様々なライフステージの変化にも幅広く対応できる、
便利なサイズです。

現在MUNI青山本店、倉敷店では
パーソナルチェアとミディアムサイズのラグのスタイリング・イキシビションを開催しております。
普段はご覧いただけない家具とのサイズバランスなど、
素敵なインテリア作りの参考にしていただきたいと思います。
皆様のご来店お心より待ちしております。

MUNI CARPETS
Size 137x198cm, Design No.005
Price.\842,400(in tax)

Chair:PK24 Poul Kjeaholm
DANSK MOBEL GALLERY (Tel:03-6263-0675)
https://www.republicstore-keizo.com/dmg/



internal.93524b1b9ac6f7ce532527fbc96e3a01.L1004661.JPG
internal.a2af8d41a6f3c92f65bf9e66b99f613d.L1004652.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance vol.3

2019年05月20日

パーソナルチェアとミドルサイズのカーペットであなただけの特等席をご提案している今回の企画展「Time for Elegance」から、本日のお勧めのコーディネートをご紹介いたします。

カフェオレのようなライトベージュのエッグチェアに、淡い色調のフィールドとブルーのフレームを利かせたカーペットを合わせてみました。
こちらのカーペットはベージュにナチュラルホワイトの繊細な文様と、力強いブルーの雷文を配した、シンプルですが東洋美を感じさせる上品な一枚となっており、曲線の美しいチェアと相まって上品で心地の良いコーナーが出来上がりました。

公共の場でもプライベートな空間が作れるように設計されたエッグチェアは、あなただけの時間をお部屋の中に作り出し、しなやかなウールの感触がワンランク上のくつろぎへと誘います。



MUNI CARPETS
Size.137x198cm, Design No.106
Price.¥842,400(in tax)

Chair : EGG エッグチェア Arne Jacobsen
   (DANSK MOBEL GALLERY Tel:03-6263-0675)


_MG_8309-2.jpg

internal.7c1805cd75d9e11aa59dce5dac198237.L1004500-2.jpg

posted by MUNI | AOYAMA

Time for Elegance START!

2019年05月17日

本日が、特別展示”Time for Elegance優雅に過ごす時間“の
初日でした。
沢山の方にご来店いただきまして、心より御礼を申し上げます。

南青山本店では、
銀座のDANSK MOBEL GALLERYのご協力のもと、
心を打つ、研ぎ澄まされたフォルムのパーソナルチェアと、
MUNIのカーペットが織りなす、美しい関係性をご覧頂けます。

倉敷店もいつもの設えから、
今回限りの特別スタイリングになっておりますので、
是非、次の投稿をお楽しみにお待ちください。

イベントの期間は、5月27日(月)まで。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

協力:DANSK MOBEL GALLERY
https://www.republicstore-keizo.com/dmg/



IMG_7207.JPG
posted by MUNI | AOYAMA

包まれるよろこび

2019年05月16日



お気に入りのパーソナルチェアと、一枚のカーペット。
上質な座り心地と、美しく繊細なラグのやわらかな触感に
心が満たされていく…

ハイクオリティなものたちにひとり、全身を包まれる、
とても贅沢な時間の過ごし方です。

MUNI CARPETS
Size.91x152cm, Design No.076B
Price.\864,000(in tax)

Chair:PK22(DANSK MOBEL GALLERY)





internal.8f872052ccede098746f078898fd92d9.L1004366.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

居心地のいい場所

2019年05月11日

1年ほど前からたびたび南青山本店にお越しいただき、
時間をかけて、MUNIのカーペットをご覧くださっていたK様。
このたび、ご新居の写真をお送りいただきました。

すっきりと明るい、ナチュラルな印象のお部屋には、
K様厳選の、多国籍の家具の数々が。
ラウンジチェアやチェストの足元にアクセントで、
MUNIのカーペットをしつらえて頂いています。
20世紀の力強い構造美のモダンファニチャーと、
東洋ならではの、やわらかな
美しさのラグがひとつの場所で出会うことで、
より落ち着きのある、居心地のいい空間が完成しました。

「お店で見ていたときよりも、
実際にラグを家に置いた方が何倍もよく見えるね!」
と、笑顔でおっしゃってくださったK様。
初夏を迎え、一年でいちばん
太陽の光りが冴えるこれからの季節に、
ラグの表情の移り変わりも楽しんでいただけましたら、
とても嬉しく思います。


IMG_4192.jpg

IMG_4195.jpg
IMG_4196.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

近代建築の巨匠を感じる

2019年04月13日

先日、上野の西洋美術館で開催されている“ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代”の展示に行ってまいりました。
建築やインテリアで有名なコルビュジェですが、展示では彼自身の絵画も数多く展示されていました。
パッと見て一番驚いたのは色彩の美しさ。彼の完璧なまでに計算されつくした芸術に、優しくどこか安心感のある色たち… 圧倒されるばかりでした。
もう一度見に行きたいと思うくらいの展示でしたので、皆様も是非。

写真はそのコルビュジェのソファにライトブルーの無地を合わせたもの。
MUNIのカーペットも、オーナーが一つひとつこだわり抜いた色で織りこまれています。
自然染料の優しい輝きを存分に楽しめる1枚です。




_MG_7589-2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

ワイドなエントランスに

2019年03月18日

数年前、新築されたのをきっかけにMUNIをお求め下さったM様。
このたび2枚目のMUNIは、
ワイドな横幅のエントランスにちょうどよいサイズ感の、
ランナーカーペットを。
段差のないフラットな床のため、
靴の脱ぎ履きの目印にも、ラグは必要です。

アイコニックな幾何学デザインと、
牡丹の唐草ボーダーの組み合わせが人気のDesign No.024。
ブルーの濃淡のコントラストが、とてもきれいな一枚です。
柱のブルー、らせん階段の壁のイエローと、
ラグの藍色が美しい対比。

モダンな建築の雰囲気が、より引き立ちます。

今後使いこんでいただくことで、
表情は一層深く、豊かになっていくことでしょう。
次にお話を伺わせて頂く機会を、楽しみにしています。


0318.jpg

0318-2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

縁側に、団欒に

2019年02月22日

日ごとに寒さも緩んで、そこはかとなく春の気配。
縁側に座って日光浴もいいし、
気のおけない友人たちと集まって話すのも、
良い休日の過ごしかたです。
そんなとき、銘々がゆったりと座ってくつろげるラグがあると、
また気持ちがいいもの。

45x45cmのチェアラグは、椅子の上だけではなく、
床に直接置いて、おざぶとんのようにも使える便利なサイズ。
足を崩して胡坐座を組んでも、
充分に心地よく使っていただけます。

新元号に変わるまであと少し、
新たな節目を迎えようとしているこの季節。
大切な人へのプレゼントにも、きっと喜ばれるはず…。



なおチェアラグは、35cm角、45cm角ともに
制作が既に終了しており、数には限りがございます。
詳細は、MUNI南青山本店・倉敷店にお問い合わせください。


0222 縁側.jpg
0222.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

朝、ひとすじの光り

2019年02月02日

立春近し。
陽の光りの色も、1月の凍てつくような透明さから、
やわらかい暖色を帯びてきたような気がします。

写真は、今朝のMUNI南青山本店の一コマです。




0202.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

ご挨拶

2018年12月28日

本日がMUNI CARPETESの、2018年最後の営業日です。

今年は、日本各地で様々な災害がありました。
MUNIの本社があります倉敷市もそのひとつです。
ご心配と温かいお言葉をくださいました方には、
改めて心より御礼を申し上げます。

時として胸の痛む出来事が起こることはございますけれども、
感謝の気持ちを忘れずに、
また新たに日々を重ねていきたいと願う年の瀬です。

どうぞ皆様におかれましては、
お幸せな新年を迎えられますよう、心よりお祈り致しております。


年始のご案内
MUNI南青山店・倉敷店
1月5日(土)より通常営業



20181228.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

O様のお宅のリビングから

2018年12月23日

引っ越しを機に、MUNIをお選びくださったO様。
グレージュの色味が上品な印象のマラルンガのソファに、
淡いベージュのベースカラーに、2色のブルーが華やかなラグを合わせてくださいました。
こちらは、ココ・シャネルがサロンで愛用していた如意文のカーペットを、現代的に再構築したデザイン。
桃や蝙蝠・蓮などの吉祥モチーフが透かしで織り込まれており、
高い意匠性とともに、華やいだ、楽しさのある雰囲気が魅力の一枚です。

くつろぎのリビングスペースには楽しいデザインを、
反対にダイニングテーブルの下には、
モダンなモスグリーンの無地をセレクト。
ひとつの空間の中に、意匠性の異なるカーペットを敷き込んでいただくことで、それぞれのスペースに変化が生まれ、
お部屋で過ごす時間もより楽しくなります。

組み合わせの妙もまた、カーペット選びの醍醐味のひとつです。

大野様 リビング補正.jpg大野様 ダイニング.jpg
posted by MUNI | AOYAMA