Y様より・・・

2012年10月10日

お写真をお送りいただきました。

気が付くと、いつもMUNIのチェアラグでリラックスしてくれているというココちゃん。

Y様のお母様のお宅に行っても、ちゃんとわかってくれており、何の迷いもなくサラッと座ってゆったり眠っているそうです。新しく仲間入りした松塔文デザインのチェアラグとも、すっかり仲良くしてくれています。

“アメリカンショートヘアなので、活発でいつもごそごそしてるんですが、MUNIの上ではとてもいい子です。”とお教えくださいました。

これから冬に向けて、あたたかい時間をご家族皆様でお過ごしいただけますよう願っております。

山本様.jpg
 

山本様 3.jpg

posted by MUNI | (N)

ありがとうございます

2011年11月03日

先日、W様より美味しいお茶菓子を頂戴しました。

かくかくころころした和三盆のあられが、とても優しいお味です。
お茶だけでなく、紅茶やコーヒーにも合いそうですね。
フェアの気分に合わせて、ロイヤルコペンハーゲンの器に入れてみました(*^_^*)

お心遣い、感謝しております。


京都に行きたくなります・・・

鍵善良房 あられ和三

018.jpg
posted by MUNI | (N)

スタイリッシュ・ビーズ展

2011年06月12日

アクセサリー作家 中村美樹さんによる、ビーズ展。

天然石をはじめ、色とりどりのビーズ作品に、毎年心が躍ります。
今年は、バックチャームやヘアアクセサリーなどのNEWアイテムが揃っているとのことで今からとても楽しみです(*^_^*)

スペース 萌木
6月24(金)〜28日(火)
AM10:00〜PM6:00

UP.jpg
posted by MUNI | (N)

おかえりなさい

2011年05月28日

ピンクがかったグレージュのカーペットのお色とよく似た、
小さな小さなワンちゃん(マウロ君)の、お出迎えです!

N様のご友人による(テキスタイルの作家さん)ナチュラルウールでできた、フリースドッグ(Fleece Dog)で、このマウロ君は、イタリアの救助犬だそうです。

大人が癒される、ほわんとした佇まいに心を掴まれました!

遠目.jpg

美観地区の新しくできたギャラリーにて、この子の仲間がいるみたいですので伺ってみようと思います。

お玄関にお選びいただきました御品は、梅の花の小紋による愛らしい曲線と、紗綾形文様の直線がモダンで、バランスの美しいデザインです。


天井が高くモダンな空間に、しっとりと素敵に調和しておりました。


リボン.jpg
posted by MUNI | (N)

MUNI CARPETS展 in 大阪 vol.2

2010年12月06日

カッシーナ・イクスシー大阪店 2Fにて開催中のMUNI CARPETS 展。フィリップ・スタルクによる直線的かつ軽快なソファ”VOLAGE ”をはじめコーディネートで、ご紹介させていただいております。合わせる家具や空間になじみながら、表情を変えるMUNI CARPETSはモダンファニチャーとの組み合わせで、幾何学的なデザインはもちろん蓮の丸文や龍文等のシンプルでたおやかな曲線のデザインが映え、インテリアを楽しむ、その方ならではの自由で個性的な空間を演出いたします。


CIXHP1.jpg


雑誌や、H・Pでご覧くださっているお客様にも写真だけでは伝わりにくい、植物染料による色・デザインの深みや素肌の心地よさ、身体をを支えてくれる厚みや弾力、そして暖かさを、是非五感で体感していただければと思います。

昨日も、沢山のお客様にお越しくださいました。あたたかい出逢いに感謝しております。


CIXHP2.jpg

posted by MUNI | (N)

日々の泡

2010年11月19日

先日、ごユーザーのH様がご来店の際、
携帯電話の待ち受け画面にされているというお写真を
拝見させていただきました。
MUNI CARPETSと共に、素敵なガラスのケースがひとつ。
その中に、ホワイト、ブルー、ベージュ等がMIXされた、
コロコロと可愛いキャンディのようなものが。
お伺いすると、今年の春からお使いいただいております、
カーペットの遊び毛だったのです!


wool.jpg
 

“MUNIのヒストリーを知っていたら、捨てられない!”

そろそろ遊び毛が落ち着いてくる時期ですが、
MUNIとの出会いから、ご自宅に設えて頂いたその日・・
そして現在と、愛情をもって、
大切にお使いくださっているH様の想い、
御言葉に感動して、胸が熱くなりました。


2010.11.19 NEW.jpg
 

ただ今開催中の福岡での作品展でも、
沢山の新しい出会いとそこから始まるストーリーが繋がり
広がっていきますことを願いながら、
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

写真は、11月 倉敷店の様子です。


2010.11.19 2.jpg
posted by MUNI | (N)

夏の設え

2010年07月25日

皆様どのように、おうちの中での夏時間を
楽しまれていらっしゃいますか?

海の写真
水辺の風景画
風鈴の音
ガラスの花器
夏野菜たっぷりのお料理
避暑地での旅のお話
などなど

また、身の周りの色やデザインから
涼しさを連想できるものが
沢山あります。

お部屋の中に“涼”を感じるものを取り入れて
心地よい夏時間を・・・

そして
MUNI CARPETSのお店の空間が、
皆様にとって心が潤う
そんな場所でありますように

心よりお待ちしております。

7月の倉敷店
posted by MUNI | (N)

TERRA

2010年04月22日

Dr.Vranjes(ドットール・ヴラニエス)のルームフレグランス。

フィレンツェ発、作り手のユニークな感性とアロマセラピーの
研究から作られる自然の香り。

”野生のイチジク”という瑞々しい香りに出会ってからの
お気に入りです。
今は、安心感のある落ち着いた香り”TERRA(大地)”を
寛ぐ空間に。
過ごす場所を考えながら、沢山の種類から選ぶ楽しさがあります!
お薦めです(*^_^*)

TERRA
posted by MUNI | (N)

春の暮らし器展

2010年04月02日

先日、美観地区を中心に”春の暮らし器展”が開催されました。

三宅商店さんの蔵ギャラリーにて展示をされていた
”こうげいSAKKAO”さん。
MUNI CARPETSの上に作品を
設えて、ブログにUPして下さっておりました。
カフェオレボウルがとても気になります・・・!
http://sakkao.sblo.jp/

自然の色やものから広がる新しい発見や、興味深いお話を
いつも楽しく教えて下さり、とても感謝しております。

写真は、原毛のみで織り上げた100%羊そのものの
お色です。使い込み、艶が出るとかっこ良いんです!

100% ナチュラルウール
posted by MUNI | (N)

春の訪れ

2010年02月06日

先日、土岐麻子さんのライブに行ってきました。
春の訪れを感じさせてくれるような、カラフルな歌声がとても好きなのですが、そのライブ会場は、観客のフロアだけでなくステージまでカーペットか敷かれているようで、
“(ハイヒールでも)歩きやすいし、気持ちがいいのでこの場所が大好き!“と言っていたのが印象的で
ついつい反応してしまうのでした。(#^.^#)

明日、東京でもありますのでご都合が宜しければ、是非!
土岐麻子 バレンタイン・ライブ・ツアー
Bill board Live東京

写真は、本日の倉敷店の様子です。
パステルカラーが、新しい軽やかな風を運んできてくれ、
春をお楽しみいただける店内となってります。

posted by MUNI | (N)

あったらいいな・・ 1

2010年01月24日

日常生活で、ここにMUNI CARPETSがあるといいのになぁと
思う場所がいくつかあります。

お玄関敷きはもちろん、
ブーツや紐靴などを履くときに、ちょうどいい椅子の上。

ちょっと面倒な動作も、一呼吸、心にゆとりができて
気持ちよくスタートできると思うのです。

一日の限られた時間で、”好きなモノ”に触れる機会を
少しずつ、楽しみながら増やしていけたらなぁと思います。
posted by MUNI | (N)

心に浮かぶもの

2010年01月23日

昨年末、彫刻家・空間デザイナーのよしもと正人さんの木彫展を”ギャラリーやぶき”さんにて拝見させていただきました。

仏様の表情の柔らかさと、曲線に見とれてしまい、
中でも、蓮のオブジェが印象的でした。
温かく包み込んでくれるような、幸せな気持ちになります。

空間ごと周りの景色が変わり、心が落ち着くというような
イメージです。
新年を迎え、静けさの中、心にふと浮かんでくる存在です。

機会がございましたら、是非実際の作品に触れてみてください。
posted by MUNI | (N)

新しく・・・

2009年12月11日

“エコテックス規格100” クラス1認定のタグが出来上がりました。
天然藍と原毛のみで織り上げたカーペットには、こちらのタグがつきます。
(MUNI CARPETSは、素材の原毛から染料まで、化学物質は一切検出されませんでした。
詳しくは、TOPページ左下のバナーへ)

より一層、安全なものをお届けすることの責任を感じながら、
気を引き締めて、商品管理に努めてまいります。
posted by MUNI | (N)

瑞雲

2009年12月06日

慶びのさきがけとして現れる、美しい雲。
雲は“運”と同発音であることから、幸運への願いが込められております。
こんなPOPな雲が側にあると、元気に明るい気持ちになります。
冬空の中、時には空を見上げて“瑞雲”を探してみてくださいね。
posted by MUNI | (N)

12月のMUNI倉敷店

2009年12月03日

現在開催中の”おもてなしフェア”にて、何年かぶりにお越し下さるお客様から、ご観光で初めてMUNIをお知りくださったお客様まで、沢山のお客様にお越しいただき、誠にありがとうございます。

フェアに向け、スタッフで店内の模様替えをしました。
ソファの配置を変え、それに合わせてクッションや足元のラグを移動させる。
棚には、大らかな明代の器が。
出来上がるにつれそこは、特別な空間になります。
新しい風が吹き、とても新鮮なわくわくする気持ちになります。

 
2009年から2010年を、スッキリ気持ちよく迎える
変化を是非楽しんでください。

”おもてなしフェア”
倉敷店  12月7日(火)まで
青山本店 12月14日(火)まで

心よりお待ちしております。
posted by MUNI | (N)

爽秋

2009年09月24日

爽やかな秋の風は、夏に旅した長野、上高地を思い出します。
標高1500メートルの雄大な自然と、変わりやすい天候の中、一瞬一瞬の感動に出会えます。

雨の日は、靄に覆われ遠くの景色は見えないのですが、
側にある、高山植物が気持ちよさそうに咲いている姿や香りを感じることができます。
雨上がりは空気が澄み渡り、新鮮な風が通り抜け、雲の合間から差し込む光とともに、空の青さ、木々の緑が輝きだします。

 
穂高連峰や梓川を一望できる、河童橋のたもとに建つ、老舗ホテル。
併設しているカフェからも絶景を眺めることができます。
お客様からも、よくお声を頂いておりましたが、
こちらのホテルの談話室には、MUNIのチェアラグを
設えてくださっています!

五千尺ホテル http://www.gosenjaku.co.jp/

そろそろ秋色に染まりつつある頃でしょうか。
四季ある日本の素晴らしさを、改めて感じることのできる
上高地、是非お薦めです!

posted by MUNI | (N)

藍色

2009年07月17日

先日、テキスタイルアーティスト M様の個展に行ってきました。
ご自身で染色された帯状の布を、格子状に編みこみ、表現した作品の数々。
蝶や蜘蛛が色から色へ、舞い降りて、行き交う、色とりどりの世界は、モダンさの中に懐かしさも感じました。
グラデーションの細やかさと、神秘的な世界に引き込まれ、不思議な感覚になります。
個人的な感想ですが、深いブルー、藍色が、奥深くの所で広がっているように感じました。

藍色は、カラーセラピーの視点から、クリエイティブでアイデアと直観力、心の目に関係する色。
紫に近い藍色は、”青”の静けさの中に、”赤”の活動的なエネルギーの要素が加わります。

M様が、MUNI CARPETSの中でも、深い藍色に目を留めて下さるのを思い出し、藍色の力を改めて考える一日となりました。
posted by MUNI | (N)

クラシカルチャイニーズラグの旅

2009年06月12日

H.P内にUPされている、MUNIコレクションのホワイト&ブルーのラグについて。
アンティークのこの1枚が、MUNIへ辿り着く経緯に
関わってくるルイス・カムフォート・ティファニー。
彼は、装飾芸術に関心を抱き、室内装飾、ステンドグラス、ランプ、ガラス工芸等、アールヌーボーを代表する芸術家。
自身のスタジオで、感性に響く、舶来品で高価であった中国の骨董や、設えに関わるアイテムを扱っていたようです。
(詳しくは、ABOUT MUNI→COLUMN OF CARPETS、Vol.6を!)

実際に、掲載されているオークションカタログを見せて頂き、とても感激しました!
個人のコレクターの手に渡った後、時を経て、MUNIへ。
大切に扱われていたようで、状態も非常に良いそうです。

感性が共鳴し、国と時代を超えて、様々な偶然と出会いが重なり、然る場所へ行き着く。
そこには、幾通りものストーリーがあります。
様々な要素を踏まえて、MUNIのホワイト&ブルーの美しい、シノワズリーの世界は、益々洗練され進化していきます。

写真のラグは、新しく入荷した蝶恋花文白三藍氈。
透明感のある藍色と、蝶と牡丹を描く、おおらかで優美な曲線を、是非ご覧下さいませ。
posted by MUNI | (N)

旅先にて

2009年05月21日

松江にて出会った打菓子“姫小袖”。
献上菓子であるこの打菓子は、紗綾形文様が施されています!
見つけてとても嬉しくなりました。

松江が文化の街となる、大きな影響を及ぼした七代目藩主、そして大名茶人である松平治郷(茶号”不昧”)。
一期一会の茶会に、”不昧公御好み”として伝えられた茶器や銘菓の数々は、和と美をもって、その場に関わる全ての人へ想いが込められていたのだろうと、とても興味深く感じます。
posted by MUNI | (N)

みどりの日

2009年05月04日

いかがお過ごしでしょうか?

素敵な本のご紹介です。
糸井重里さん著、“ブイヨンの気持ち。”
糸井さん、樋口可南子さん、愛犬ブイヨンちゃんによる四季ある暮らし。
写真と文章に愛情が溢れ、ブイヨンちゃんの
なんとも可愛く安心した表情に、心が温かく、なんだか懐かしい気持ちになります。

文中、“犬のたのしみ”という言葉に、くすぐられました。
“○○のたのしみ”
自分以外の、にんげん、動物、ものなどを当てはめてみる。
言葉を越えて、心で、それぞれの目線で過ごし、映る景色は、大切なことに気づき、日常をきらきら輝かせてくれる発見を知る、チャンスかもしれません。

ブイヨンちゃん目線の、“いろいろのもの”の中に登場する
“しきもの”に注目です!
posted by MUNI | (N)