閑谷学校

2016年11月17日

岡山県備前市にある閑谷学校。
ここは、現存する公的学校としては世界最古のもの。

1670年。
当時の岡山藩主・池田光政により、庶民の為の学校として設立され、その教育の根底には孔子の教えがあります。
そして今もなお孔子が祭られ、講堂では論語を朗誦する声が響きます。

磨き抜かれた講堂(国宝)の床に映る木々の色。
長い時を経て生まれる美しさがあると、改めて感じた秋の一日。

これからの冬も、また四季を通じても美しい学校です。
MUNIへ訪れの際には、こちらへも足を運んでみてはいかがでしょう。



shizutani.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

嬉しいお便り

2016年11月05日

先日、とても嬉しいお便りをいただきました。

20年前の倉敷旅行の際、ご夫婦で偶然立ち寄られお求めいただいた御玄関へのカーペット。
その1枚を今も変わらずにずっと御玄関でお使いいただけている、とのことでした。
「他のものと取り換えようとも思わずの20年だった」
「今もしっかりと玄関を守ってくれている」 と…。
ありがたく唯々感謝の気持ちです。

お使いのカーペットは、写真のデザイン。
大変モダンな草龍文様の1枚です。
きっと今頃は光沢としなやかさを増して、その足元を彩っていることでしょう。
これからも、いつまでも心地よくお使いいただければと
願っております。



20161105.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

Favorite one

2016年11月03日



先日のFind Your Favorite Cushions展では、
たくさんの方にお越しいただき、
おひとつずつ、お客様のお気に入りの一点を見つけていただきました。
誠に有難うございました。


本日は勝手ながら
マイ・フェイバリット・クッションをご紹介させていただきます。


お写真は、染料を使用しないナチュラル・ホワイト・ウール。
MUNI CARPETSでは上質なタンヤンウールの中でも、更に選び抜いたベビーウールとオータムウールのみを使用いたします。

ナチュラルホワイトは、
“色を加えない”というラグジュアリー。
ウール本来の内側から光るような光沢を
存分にお楽しみいただける御品です。

ひとときの寛ぎを
愛らしいクッションの極上の心地とともに、
ぜひお過ごしくださいませ。

クッションのご注文はただ今もお受けいたしております。
どうぞお気軽にお問合せくださいませ。


02_IMG_5203.jpg



posted by MUNI | KURASHIKI

FIND YOUR FAVORITE CUSHIONS !

2016年10月29日

もう、MUNIのクッションはお楽しみいただけましたでしょうか。

あなただけの素敵な組み合わせで、
あなたにしか出来ない空間をデザインしてください。

会期も明日(30日)までとなりました。
多くの方にオーダーもいただいております。
是非、その手に取ってスペシャルな1つを見つけてください。

於 :MUNI 南青山本店
   MUNI倉敷店
期 間:10/30(日)まで


20161029.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

FIND YOUR FAVORITE CUSHIONS !

2016年10月21日

待ちに待った、クッションフェアの開催です!!

朝から早くも多くの方にお越しいただき、
お好みのクッションをお選びいただいております。

宝尽くし、幾何学模様、シンプルなデザインに、
クラッシックなデザインも。

FIND YOUR FAVORITE CUSHIONS !!
是非、あなたの1つを見つけてください。


  於 :MUNI 南青山本店
     倉敷店
 期 間:10/21〜10/30
 定休日:10/25(火)


20151021.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

屏風祭り

2016年10月05日

秋。
今年も倉敷美観地区は、屏風祭りでにぎわいます。

その昔、倉敷の総鎮守「阿智神社」の祭礼は、別名「屏風祭」とも呼ばれていました。
各家が通りに面した格子戸を外し、屏風を飾り、花を生けて人々をもてなしたといわれています。

往時の「屏風や家宝などを飾り人々をもてなす」という心を引継ぎ、江戸時代からの町並みの姿を今なお色濃く残す本町から東町にかけての家々で、今年も様々な美しいものをご覧いただけます。


2枚目の写真の上部、額の中に納められたカーペットは、400年ほど昔の明王朝時代の1枚。
時を超えて受け継がれてゆく素敵な空気を感じに、是非倉敷へ、MUNIへ、いらして下さい。

屏風祭り
10月15日(土),10月16日(日)
 10:00〜17:00



kurashiki.jpg


antique.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

One tone magic

2016年10月01日



暑い季節には、ビビットな色合いや
シャープなモノトーンに惹かれますが
秋も深まると、すっかり落ち着いた色味に
目が留まります。

オール・ベージュ・コーディネート

心まで柔らかくするMUNI のベージュは
エレガンス、上品な設え、大人の落ち着き、
全てを叶えてくれるマジックカラーです。

上質なMUNI のラグ、そして愛らしいクッションの
フォルムで秋のムードにUp-to-date してみては
いかがでしょうか?


今季の美しい織り上がりとともに
皆様のご来店をお待ちいたしております。


diary.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

ブルーとブラウン

2016年09月23日

藍色のクッションと、ナチュラルレザーのスパニッシュチェア。
ブルーとキャメルの美しい組み合わせ。

クラシックでエレガントなものと、モダンで力強いもの。
一見相反するものが共にあることで、お互いに魅力を一層引き立てあいます。

素敵な時間の積み重ねには、こんな組み合わせもいかがでしょう。



201609botan.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

慈しむ

2016年09月19日

“骨董になる力があるか”

どちらで目にしたか忘れてしまったのですが、
「物を買う基準」として書かれた
その響きの強さ、潔さに
鮮烈な印象を受けた言葉です。

骨董になる力。

その問いは
物の価値を求め確かめることと同時に、
長い年月をともに過ごし、慈しむ心得を
自らに確かめる言葉の様に感じられます。



diary.jpg


posted by MUNI | KURASHIKI

秋色の市松文様(チェッカーデザイン)

2016年09月09日

淡いペールトーンのチェッカー。
ポイントにシックな濃い目の色と、エレガントな緑を組み合わせると、足元にも秋の気配。
シンプルでモダンな幾何学デザインがソフトシルキーウールの上質さを際立たせ、お部屋にラグジュアリー感を演出します。
ソファの足元がこんな風になったらとても心地よい時間が訪れるだろう、と一人想像を膨らませ、愉しむひととき。

同じ文様も、カラーを変えて2つ3つと組み合わせると、そこにつながりと深みが生まれる。
例えば、季節ごとにクッションを取り換えてみるのもとても楽しいこと。

1つ2つと組み合わせを楽しみ、空間にアクセントと遊びを取り入れてみてはいかがでしょう。

今は、方格花文を市松文(チェッカー)と呼ぶ。
本来は魔よけの意味を持つ永遠のモダンの意匠。


ichimatsu s.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

生成りと藍とエレガンス

2016年08月28日

中国の古い陶磁器の本をめくりながら、ふと「焼き物を並べてみよう」と思いたつ。

精製されすぎていない地肌の白と、そこに染めこまれた藍色から感じる、穏やかな気品。
中国明代の焼き物から、有田焼へとその姿を昇華させ、そしてまたマイセンが生まれる。

全く違うようで、道はつながり時を超え文化を超えて、根底にあるのは、「美しいもの」への憧憬。

カーペットも東洋西洋と世界をめぐり、ここMUNIでまた美しく花開きます。
生成りと藍の美しさ。
永遠のエレガンスをもって、常に新しく美しくあるもの。
時に懐かしさにも似た憧れを感じながら愉しむひとときを、是非その手元で感じてください。

MUNI Art book Fair
8月31日まで
Open 10:00 - 18:00/Close:30日

touki2.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

ルイス・C・ティファニー。

2016年08月26日

かのチャールズ・ルイス・ティファニー(TIFFANY&Co.の創業者)の長男であり、1900年代ニューヨークのオークションでいち早くクラシカル・チャイニーズ・ラグの価値を見出し
その芸術作品を集め、研究し、後世に遺した偉大な人物です。

彼自身の類稀なる美感覚と
幼少期から培われた鑑賞眼は
ティファニースタジオが残した作品にももちろん
惜しみなく注がれています。

今は作品を目にできる場がなく、とても残念です。

プリズムを集めたような色彩溢れるステンドグラスや
魅惑的なアールヌーボーのティファニー・ランプ、
その美しき世界をぜひ書物の中で堪能してください。

ご来店の難しい方も、
ティファニーがクラシカル・チャイニーズ・ラグにおいて遺した功績をこちらのMUNI Columnでどうぞご覧ください。
▸ MUNI Column vol.6


diaryIMG_4781.jpg


アール・ヌーヴォーとルイス・C・ティファニーの世界
日本美術へのオマージュ

posted by MUNI | KURASHIKI

道具との付き合い方

2016年08月24日


“よいものと暮らすこと”
“長く大切にできるものを選ぶこと”
MUNIにお越し下さるお客様は
そんな風に仰り、カーペットをご覧くださいます。
素敵なお客様に出会う度、道具の面白みは
使い込み育ててこそ楽しめるもの、と
教えていただいています。


写真の椅子の名前は“スパニッシュチェア”
1959年、デンマークのモーエンセンによるもの。

ハンモックの様に革が体を支える
なんとも言えない座り心地を、倉敷店でご体感いただけます。

ふんだんに使われた革、
無骨なほどの木の骨組みから成るこの椅子も
ともに過ごす時の経過によって、
革の色やなめされた質感、木肌の滑らかさや飴色に変わる様子…数え切れぬ変化をまとって
世界のどこにもない面白みを育ててゆくのでしょう。

光を受けて表情を変えるカーペットの藍色を見つめながら、
こちらもまた、藍の呼吸によって色を深く変え、
ウールがいっそう滑らかに輝きを増すときを想像します。

一緒に年を重ねる道具をもつこと、
とても大人な楽しみに
つい早く時が流れないかと気持ちがはやります。




20160821.jpg
20160821-2.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

日本建築と段通の空間美

2016年08月19日

日本家屋に、美しい絨毯。
とても魅力的な設えです。

日本の美意識も、古くは宋や明の時代からの多くの影響を受け、またそこから自国の美術品・芸術品へと姿を変えてゆきました。

日本の美意識の奥深くには、様々な文化を取り込み、洗練させてきた、美しき中国美術の世界があります。
余白の美・モノトーンの美・あらゆるものを取り込んで洗練させてゆく、奥深い美への探求心。
文様の為の文様ではなく、祈りが込められているからこその美しさと、その心の尊さ。

シルクロードの終着点とされるここ日本は、西からの文化、すべてを洗練させたものかもしれません。

だからこそ、様々な国の美しいものが、無理なくともにあることが出来るのでしょう。

この写真のように、日本の空間には、中国の美術品もよく合います。
是非、このような設えもお楽しみくださいませ。


up 2.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

たなびく たなびく

2016年08月17日

「京都国立博物館蔵・前田家伝来・名物裂」より。

今の暮らしの中でも耳にする「瑞雲」という言葉。
五色の雲は、喜び・幸せを運ぶものとして、日本でも大切に伝えられてきました。
前田家伝来の名物裂の中に、この瑞雲のルーツとなる貴重な絹織物があります。

この雲の文様は、明時代の中国において大切にされ、今なお感じるモダンさは色あせることなく生きています。

少し背筋が伸びるような心地よさと、その中に感じる穏やかな遊び心。
色を抑えたトーンの中に、凛とした爽やかささえも感じます。

2つと同じ表情はない MUNI の CARPET と、
今となっては、手に取ることもままならない明時代の絹織物。
巡り合うこと自体が難しい、というかけがえのない価値を手にする喜び。

たなびく雲に幸せを願い、遊び心と共に受け継がれてゆく文様。
心の赴くまま、手に取ってみてはいかがでしょう。

美しい美術品やその意識は大陸を渡り、脈々と受け継がれ、今なお日本の暮らしの中に息づいています。

zuiun1.jpg


zuiun3.jpg

posted by MUNI | KURASHIKI

夏のひととき

2016年08月14日

堂壇つつじの緑に心地よい風を感じ、誘われるように手にしたのは、素敵な写真の洋書。

お気に入りの場所でくつろぐこの時間。
足元には柔らかく、さらりとした心地よいカーペット。

こんな夏のひとときはいかがでしょう。



tutuji1.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

朝の光の中

2016年08月13日

朝の光が差し込むほんのひと時。
MUNI Art book Fair に寄せられた本たちも、新しい一日の始まりを喜んでいるようです。

床に座り、ソファに座り、気になった一冊をその手に取って、心に潤いを与えるように、美しいものの持つ愉しさと可愛らしさを感じてください。

洋書の中に、東と西をつなげる印を発見したり、それをまた絨毯の中に見つけてみたり。
お楽しみいただけると思います。

お時間の都合がつかれましたら、是非お越しくださいませ。
お待ちいたしております。


morning1.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

ジャン・コクトー

2016年08月11日

シャネルのよき理解者であり、友人であったコクトーは、劇作家・小説家・詩人、様々な顔を持つ天才ともいわれる人でした。

初めてコクトーのことを知ったのは、高校生のころ。
当時、なんとなく惹かれた写真に手をのばし、開いてみたのはボーモン夫人の書いた「美女と野獣」。
それは、モノトーンの写真がとても美しく、コクトーが映画化しようとしているところを写真でつづっている物でした。
時間を忘れ、しばらく引き込まれていたことを覚えています。

コクトーは、シャネルやニジンスキーとも交流があり、当時の芸術家たちの交流がいかに豊かだったのかを後に知り、今また、シャネルが愛したクラシカル・チャイニーズ・ラグを、コクトーも共に目にしていたのだろうか、と思いをはせます。

現在、倉敷ギャラリーにあるシャネルの本の中で、コクトーも紹介されています。
是非、手に取って、カーペットの上でこの美しい時代を感じ取ってください。

up 1.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

倉敷店フェアのご案内

2016年08月08日


賑やかに過ぎる葉月、いかがお過ごしでしょうか。

この度、MUNI倉敷店では
倉敷店だけの、特別なフェアを開催いたします。

いつもは書庫に納められているMUNIの蔵書を、
お手に取っていただける形で店内に設え
皆様をお迎えいたします。

失われた文化、クラシカル・チャイニーズ・ラグの研究と探求において、欠くことのできない史書、そしてMUNI CARPETSの美意識の元に蒐集された貴重な美術書ばかりです。

どうぞ 倉敷の町、そしてMUNI CARPETSの上で
美と芸術に触れる豊かな時間をお楽しみくださいませ。


皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。


MUNI Art book Fair
8月10日〜8月31日 Open 10:00 - 18:00/Close:16・23・30日
MUNI CARPETS 倉敷店 Access▸




fair201608.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

New Arrivalのご案内

2016年08月07日


織り上がったばかりのカーペットが、ギャラリーへ届きました。

夏の光にきらめく
清らかな藍色、
そして深みのあるグリーンやシックなベージュなど。

まさに呼吸を始めたばかりの
植物から生まれた色彩が、瑞々しく輝いています。

ぜひ、季節の織り上がりをご覧に
MUNIギャラリーへ足をお運びくださいませ。

MUNI 南青山本店 ▸     MUNI 倉敷店 ▸



02IMG_4487.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI