嗜好品

2018年09月06日

お酒やお茶などの類は、一般的に「嗜好品」と呼びます。
生きていくうえで絶対に必須ではないけれど、
摂取すると心身が高揚する効果があり、五感を使って楽しむもの。
コーヒーやお酒、お香や香水など…
現代、多くのひとが自分にとっての『嗜好品』を持っているのではないでしょうか。

少し前から思うのですが、インテリアにおける絨毯もまた、
嗜好品の位置づけに入るような気がしています。
特に、MUNIのような手織り絨毯は、
世代を超えて付き合っていける分、先の長い楽しみがあります
感じて触れて、ともに時を重ね、もっと好きになっていける。
さらに、デザインのチョイスによって、
持ち主の趣味や人柄がにじみ出たりするのも、面白いところです。

余談ですが、
MUNI南青山本店のショウケースは、
ワインセラーがイメージ源だそうです。
ボトルの並びを眺め、好奇心でワクワクする時のように、
沢山あるデザインの中から、自分好みの一枚を見つける喜びを味わいに是非、お越しください。





0906d.jpg
posted by MUNI | AOYAMA