MUNI CARPETSより

2018年07月14日

この度の豪雨で被害にあわれました方々には、心からのお見舞いを申し上げます。
また、MUNI倉敷ギャラリーへご心配のお声をくださいました方々へ、心より御礼を申し上げます。

MUNI 倉敷ギャラリー がございます倉敷美観地区は、幸い難を逃れ、どこのお店も変わらずに営業いたしております。

お時間がございましたら、倉敷美観地区へ足を延ばしていただけますと幸いにございます。




kurashiki 1.jpg

kurashiki 3.jpg

20180714_133025.jpg
posted by MUNI | MUNI

日々の陰影

2018年07月05日

今年は、前例のない早さでの梅雨明けとなり、
7月も早々から猛暑の日々が続いています。
朝からギラッと照りつける太陽の陽射しが、痛いほどです。

四季を通じて、太陽の光りの色は様々な変化を見せますが、
その日差しを一身に浴びたラグもまた、
一層豊かな表情を見せてくれます。

よく晴れた午前10時、窓のすぐ外にある植え込みの陰影が、
グリーンの蓮唐草文様のラグに
彩りを沿えているところを捉えました。
   Size.61x122cm Design No.093F 
   Price \286,200(in tax)

外の木々がお部屋に落とす影、
家具や椅子のアーチが描く優美な陰のライン。
部屋の中でひとが生活している、そのことで生まれる動き。
暮らしにまつわる陰影のすべてを受け止めるラグは、
まるで一枚のキャンバスのよう。

暮らしに取り入れていただくことで、
ますます奥深い表情が生まれていくのです。


2x3093F影s.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

日常を彩るもの

2018年06月21日

本日は夏の様な日差しの一日でしたが、
昨日は倉敷も梅雨らしい一日でした。
雨の日には、あちこちに咲いた色とりどりの紫陽花に雫が滴り、可愛らしく揺れております。

そんな梅雨空の先日、閉店後にお店から出ると、雨上がりの空に綺麗なアーチを描いた大きな虹が出ていました。
それは本当にお手本の様に美しい虹で、道を歩く人や仕事中の人、家の中から出てきて見ている人、沢山の人がその時間同じ方向を向き、虹を眺めていました。

その時ふと、MUNIの絨毯も、この虹と同じ様なものかもしれないなぁ、
と、一人考えてしまいました。

日々の生活の中にある美しいもの
ふとした時に心を動かされるもの
なくても困らないけれど、あるととても嬉しいもの


今回のお写真の絨毯は、蓮の花が描かれたとても華やかな一枚です。
雨の日にも、お部屋も心も明るく心地良くしてくれるデザインです。

是非、MUNI CARPETSにて、虹の様に日常を彩る一枚を見つけてみて下さい。


IMG_7153-A.jpg
posted by MUNI | MUNI

桃のはなし

2018年06月16日

桃の季節の到来です。
可愛らしく、とても美味しいSpecial な夏の果物。

「桃之夭夭」
桃の花やその葉の若々しさと瑞々しさを、
嫁ぐ美しい娘に重ね合わせ、幸せを願った祈りの詩。

そして、孫悟空が盗んで怒られた、あの果物。

そんな桃のおはなしにも心を広げながらいただくのも、
一層楽しく素敵かもしれません。

MUNIのカーペットにも桃をモチーフとしたデザインがございます。
桃や蝙蝠・蓮などの幸せの文様が、可愛らしさとクラッシックな落ち着きをもって、
透かし文様で素敵に織り上げられています。
物語を感じられるこんな1枚は、いかがでしょう。

写真下側:格子文様のカーペット
Design No. 072
Size 70x 183 cm


youyou.jpg

072.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

「音楽とMUNI CARPETS」

2018年06月06日

最近、Muniのカーペットをオーディオプレイヤーの前に移動してきたのですが、
自然とカーペットに合う音楽を探していることに気付き、驚きました。
以前はインテリアに左右されることなく、ただ気分に合った音楽を聴いていました。
カーペットを敷くことで、音楽を選ぶ要素に幅が広がるなんて思いもよらず、とても嬉しくなりました。

私の使っているWhite & Blueのデザインには音数が少ないメロウな曲が会う気がしていて、
ストリングスや金管のバランスが良いRhyeや、Daughterはロックバンドですが、写真のEPはとても幻想的なギターソロが心地よく、素晴らしいです。
ポストロックのThe Sea And Cakeはインストの曲が複数あり、その余白が意識をはっとさせ、カーペットを見る余裕を与えてくれ、さらに心が落ち着きます。


inoue.2018.6.6.jpeg
posted by MUNI | MUNI

濃密な時間

2018年06月03日

もう15年以上、MUNIのカーペットをご愛用くださっているS様。
リフォームを期にクリーニングにお預けくださり、
その後、ご自宅でのご様子の写真を送ってくださいました。

ガラスの引き戸で隔てられた、ひとつながりの二間に、
意匠の異なる藍色の2枚を象徴的にしつらえて…

長い時間をかけて大事に使ってくださったラグの、
新品にはない深みを増した表情が、画面上からも見てとれます。

時間をかけ、吟味して集められた器のコレクションなど、
置かれているものひとつひとつに
S様の美意識が感じられるお部屋です。

こんなふうにお使いくださっていることを知ることができ、
感謝の気持ちでいっぱいでいます。
これからも末永くお楽しみいただけますよう、心より願っております。


DSC_0236.JPG

DSC_0240.JPG


20180507225035.jpg


posted by MUNI | AOYAMA

印象的なエントランス

2018年05月26日

靴を脱ぐと、すぐ2階への階段が続いている、
少し珍しいつくりのエントランス。
ジンクホワイトの壁に、赤みがかったブラウンの床の色合わせが
モダンで華やかです。

印象的なエントランスに、
深い海や鉱石を思わせるような
複数層のブルーによって織り上げられた、
端正な意匠のブルー・ラグを選んでいただきました。

床とラグの明度が近いため、お互いの色が調和して響きあい、
ブルーの陰影の中から、中央の龍のメダリオンが象徴的に浮かび上がります。

ヴィンテージの北欧家具がお好きで、絵画などの美術品も含め、
ご自身の世界観でお家をしつらえることを楽しんでいらっしゃる
N様ならではの空間が完成しました。




diary長田様2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

MUNI BLUE Vol.4

2018年05月24日

倉敷のギャラリーで開催しております、
「MUNI BLUE展」も中盤を迎えております。
連日沢山のお客様がご来店下さり、お店も賑わっております。

「BLUE」といっても色々・・・
本日は藍で染め上げた絨毯の中でも、こんな一枚をご紹介いたします。

こちらはDesign No.052(807) 無地の美しい水色の絨毯です。

春になり溶けだした雪解け水のような、
透明な五月の風に溶けてしまいそうな、
木々の間から見える、晴れ渡る夏の空のような、
見る度、触れる度、新鮮な気持ちになる美しいお色です。

これから訪れる暑い夏に、涼しげなMUNI BLUEを敷かれてみては如何でしょうか。

こんなに沢山のMUNIのBLUEをご覧いただける機会はなかなかございませんので、
上手になった鶯の鳴き声を聞きながら、是非足をお運び下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


IMG_6970 blue.jpg

IMG_6971 blue.jpg
posted by MUNI | MUNI

MUNI BLUE Vol.3

2018年05月20日

MUNI BLUE のある設えはいかがでしょう。

関西にお住まいのI様。
「一目惚れ」と、藍染のモノトーンで織り上げた端正な魅力を持つカーペットをお求めくださいました。

このMUNI BLUEのカーペットと黒皮のソファとの設えは、その場にトラディショナルな雰囲気を感じさせます。
そして、テーブル足元に長年お使いの蓮花文様のカーペットと、遊び心のクッションやチェアラグと共に、調和のとれた穏やかな空間を作り上げていらっしゃいます。

陽の光が差し込むシンプルで美しい空間。
一目惚れのMUNI BLUE と共に過ごす毎日。
これからもI様の元に、多くの素敵な時間が訪れることでしょう。



Isama 2.jpg


Isama 1.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI

MUNI BLUE Vol.2

2018年05月19日

MUNI倉敷ギャラリーでは、いよいよ「MUNI BLUE 展」が始まりました。

初日の今日、多くのご来店や、お電話でのお問い合わせをいただきありがとうございます。
通りがかりも方も、この「MUNI BLUE」に引き寄せられるように、お立ち寄りくださいました。

夏には涼やかに、冬には暖かく、
モダンにも、クラッシックにも、空間を美しく彩るこの藍色を、是非あなたも体感しにお越しくださいませ。
心からお待ちいたしております。

写真壁面右より
Dsign No.087  91x183cm
Dsign No. 052(805) 137x198cm
Dsign No.009G  91x152cm
Dsign No.093G 61x122cm
Dsign No.052(856) 70x183cm




20180519.jpg
posted by MUNI | KURASHIKI