ワイドなエントランスに

2019年03月18日

数年前、新築されたのをきっかけにMUNIをお求め下さったM様。
このたび2枚目のMUNIは、
ワイドな横幅のエントランスにちょうどよいサイズ感の、
ランナーカーペットを。
段差のないフラットな床のため、
靴の脱ぎ履きの目印にも、ラグは必要です。

アイコニックな幾何学デザインと、
牡丹の唐草ボーダーの組み合わせが人気のDesign No.024。
ブルーの濃淡のコントラストが、とてもきれいな一枚です。
柱のブルー、らせん階段の壁のイエローと、
ラグの藍色が美しい対比。

モダンな建築の雰囲気が、より引き立ちます。

今後使いこんでいただくことで、
表情は一層深く、豊かになっていくことでしょう。
次にお話を伺わせて頂く機会を、楽しみにしています。


0318.jpg

0318-2.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

2019年03月15日

新しい季節は、いつだって雨が連れてくる

恩田陸 『ユージニア』


先日の雨で梅の花もすっかり散ってしまい、アスファルトに白い絨毯を作っておりました。
桜もすでに咲き始め、春の訪れを感じます。

そんな情景を思い浮かべながらの一枚。
冬を想わせる濃い色の皮のソファも、合わせる絨毯で春の雰囲気へと変えてくれます。




_MG_7186.JPG
posted by MUNI | MUNI

縁側に、団欒に

2019年02月22日

日ごとに寒さも緩んで、そこはかとなく春の気配。
縁側に座って日光浴もいいし、
気のおけない友人たちと集まって話すのも、
良い休日の過ごしかたです。
そんなとき、銘々がゆったりと座ってくつろげるラグがあると、
また気持ちがいいもの。

45x45cmのチェアラグは、椅子の上だけではなく、
床に直接置いて、おざぶとんのようにも使える便利なサイズ。
足を崩して胡坐座を組んでも、
充分に心地よく使っていただけます。

新元号に変わるまであと少し、
新たな節目を迎えようとしているこの季節。
大切な人へのプレゼントにも、きっと喜ばれるはず…。



なおチェアラグは、35cm角、45cm角ともに
制作が既に終了しており、数には限りがございます。
詳細は、MUNI南青山本店・倉敷店にお問い合わせください。


0222 縁側.jpg
0222.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

朝日に照らさせて

2019年02月11日

冬はつとめて。

とは申しますが、東京は先日の雪でさらに冬らしくなり、特に朝は寒さが厳しくなって参りました。

この写真は、そんな寒い日に朝日が入り込んできた瞬間をとらえたものです。
明スタイルのアームチェアがまるで後光のように照らされて
後ろに掛けられている絨毯によってさらに荘厳な雰囲気となっています。


_MG_6797.JPG
posted by MUNI | MUNI

朝、ひとすじの光り

2019年02月02日

立春近し。
陽の光りの色も、1月の凍てつくような透明さから、
やわらかい暖色を帯びてきたような気がします。

写真は、今朝のMUNI南青山本店の一コマです。




0202.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

暖かいインテリアを...

2019年01月19日

まだまだ寒い冬が続きますね。
お家で過ごされる時間が増える季節...
快適に過ごすために暖かいアイテムを取り入れている方も多いと思います。

そんなお部屋にラグがあるとさらに暖かさを感じられるのではないでしょうか。

MUNIのラグは毛足が約1.5cmと長く、床から上がる冷気を遮断してくれます。
最近は床暖房を使われているお家も多いかと思いますが、
ウールのラグは熱を保温してくれる効果がございますので、
床暖房を切った後でもラグがほんのり包み込むように暖めてくれますよ。

また、自然染料で染められているので優しいお色がお部屋を暖かい印象へと導きます。

この時期、フローリングが冷たくて憂鬱に感じているという方は、
ラグを取り入れて、その上でくつろいでみるのはいかがでしょうか。



修正案.jpg
posted by MUNI | MUNI

ご挨拶

2018年12月28日

本日がMUNI CARPETESの、2018年最後の営業日です。

今年は、日本各地で様々な災害がありました。
MUNIの本社があります倉敷市もそのひとつです。
ご心配と温かいお言葉をくださいました方には、
改めて心より御礼を申し上げます。

時として胸の痛む出来事が起こることはございますけれども、
感謝の気持ちを忘れずに、
また新たに日々を重ねていきたいと願う年の瀬です。

どうぞ皆様におかれましては、
お幸せな新年を迎えられますよう、心よりお祈り致しております。


年始のご案内
MUNI南青山店・倉敷店
1月5日(土)より通常営業



20181228.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

O様のお宅のリビングから

2018年12月23日

引っ越しを機に、MUNIをお選びくださったO様。
グレージュの色味が上品な印象のマラルンガのソファに、
淡いベージュのベースカラーに、2色のブルーが華やかなラグを合わせてくださいました。
こちらは、ココ・シャネルがサロンで愛用していた如意文のカーペットを、現代的に再構築したデザイン。
桃や蝙蝠・蓮などの吉祥モチーフが透かしで織り込まれており、
高い意匠性とともに、華やいだ、楽しさのある雰囲気が魅力の一枚です。

くつろぎのリビングスペースには楽しいデザインを、
反対にダイニングテーブルの下には、
モダンなモスグリーンの無地をセレクト。
ひとつの空間の中に、意匠性の異なるカーペットを敷き込んでいただくことで、それぞれのスペースに変化が生まれ、
お部屋で過ごす時間もより楽しくなります。

組み合わせの妙もまた、カーペット選びの醍醐味のひとつです。

大野様 リビング補正.jpg大野様 ダイニング.jpg
posted by MUNI | AOYAMA

カーペットのサイズの選び方

2018年12月15日

お客様のご相談の中で特に多くお受けするのが、サイズの選び方です。
今回はお部屋のラグを選ぶ時に参考になればと思い、
いくつかお部屋の例と一緒にサイズをご紹介させていただきます。

まずはお部屋のイメージをちょっと変えたい、
アクセントが欲しいなぁというときにお薦めのサイズです。

写真1は91x183cmの大きさのものです。
足を乗せるには十分でパーソナルに楽しんで頂けます。
インパクトのあるデザインのものを選んでいただいても、お部屋のアクセントとなるサイズ感です。
こちらは趣味が読書の方をイメージして選んでみました。
ダークブラウンのソファと絨毯のアウトラインの色味を合わせて落着きのある渋い空間にしています。

次に写真2です。
こちらは137x198cmの大きさで2人がソファで楽しんで頂けるサイズ感です。こちらのサイズになるとローテーブルを置いても十分に絨毯のお意匠も見えるサイズになります。
こちらのお家では、絨毯をソファに対して縦に置く事によって、絨毯にも大人1人が座れるスペースができるようになっています。

この2つのサイズはお好みのラグを選んで個性を出してみるサイズくらいではないでしょうか。



最後に写真3は183x274cmの大きさで、ご家族で使われている方の写真です。
このサイズになると、ゆったりとくつろいだ空間を演出し実用性もアップします。床でくつろぐ事が多い方やお子様がいらっしゃる方はこのサイズからがオススメです。
こちらのお家ではお孫さんが遊びに来られた時に寛げるようにと、このサイズのものを選ばれています。
また、LDKのお部屋の方は、ゾーニング効果も期待でき、ダイニングとの空間の仕切りを作ることもできます。

いかがでしたか?サイズは“どのようにお部屋で過ごされたいか”で決めていただくのがベストではないかと思います。皆様のラグ選びの参考にしてみてください。


さて、MUNI南青山本店では12/14(金)-24(月)まで
“カーペットと創る大人のインテリア”
というイベントを開催しております。詳細はHPのトップに告知させていただいておりますが、
ご来店の際に、今あるアイテムの色・素材や、お部屋・ラグの周りに置くアイテムのサイズ、今のお部屋のお写真などを是非お持ちください。
ラグを置いた時のイメージがより具体的になり、お客様に合った1枚をご提案させていただきます。
上記のようなサイズのご相談も承っておりますので、このイベント期間に是非お越しください。



_MG_6503-2.jpg

diary 0812.jpg

濱田様1.JPG

posted by MUNI | AOYAMA

クリスマスの季節がやってきました

2018年12月02日

キラキラ輝くイルミネーション
オーナメントが楽しいクリスマスツリー
日ごと美味しくなっていくシュトレン
そして、胸のときめくプレゼント

皆様、大切な方へのプレゼントはもう決まりましたか?

空間を彩り、心にも体にも気持ちの良い温もりを与えてくれるMUNIのカーペット。
ご家族や恋人など大切な方へのプレゼントにいかがでしょうか。
もちろん、一年間頑張ったご自身へのプレゼントとしても、とても素敵です。

お家で過ごす時間をより快適にしてくれるMUNIのカーペット。
きっとお喜び頂けるかと思います。

是非、大切な方への特別な一枚を、MINI CARPETSで見つけて下さい。
皆様のご来店、心よりお待ち致しております。


2018.12 2
posted by MUNI | MUNI